人気ブログランキング |

つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 04日

ガーミンEdge 1030J(2)

 ガーミンのセットはプロジェクトMに設置したが、アンカーRfx-8にもGPSサイコンが付くと良いなあ、と思って少し工夫してみた。アンカーRfx-8には、TOPEAKのPanobikeセンサーを付けて、それをスマホで受けることでGPSサイコンとしていたが、落下が怖くてハンドルに設置することはせずに、ほぼローラー台での運用だけであった。

 ガーミンEdge 1030JはANT+の他にbluetoothにも対応しているはずなので、bluetoothデバイスであるPanobikeセンサーが使えないかと思って試してみた。やってみると、認識してペアリングもできたので、やった、と思ったが、いくらクランクを回してもホイールを回しても読み出し値は0のままである。何回か試したが駄目だったので、残念ながら、この組み合わせは機能しないようだ。

 bluetooth は低消費電力で魅力的なのだが、versionや規格がいろいろあって、その組み合わせでうまくいかないことが相当あると聞く。今回、規格など何も調べずやってみたが、多分、そのあたりが問題で互換性が取れない組み合わせであったのだろう。残念だが仕方ない。アンカーRfx-8は、GPSは諦めて、今までプロジェクトMにつけていた最もシンプルな速度計だけのキャットアイのものを移植して、それだけで過ごすことにしよう。

by rk_tsukuba | 2017-12-04 00:03 | ローラー台、サイコン
2017年 12月 03日

ガーミンEdge 1030J(1)

 今回、今まで使っていたGPSが故障で使えなくなっていたのもあり、また、Di2のギア位置表示をさせたいというのもあり、金額は張るがガーミンEdge 1030Jを導入した。ところがこれが予想以上に高機能すぎて、全然使いこなせない。というか、製品開発のポリシーが私の思っていた使用目的と微妙にずれているので戸惑った点が大きい。

 今まで使っていたユピテルのGPSは単機能のもので、今いる場所の表示、ルートラボなどで作成して本体に転送したルートの表示、目的地への直線方向と直線距離の表示、というものであり、機能的にはそれで十分であった。もちろん、時刻や経過時間距離、速度などは表示されるし、センサーを組み合わせればケイデンスなども可能。

 一方、ガーミンの方は、トレーニングを第一目的にしており、そのためのメニューが豊富である。しかし、チンタラへたれライダーの私は、トレーニングする気など全くなく、ただ、無理なく楽しくライドできればそれでよい。だったらサイコンもGPSも要らないだろうと言われそうだが、適当に走って遠出した時に、現在地と自宅までの方向と距離が分かるのは大変有り難い。また、自分の走ったルートは特に初めての場所は分からなくなるので、それがログで残って後で確認できるのも有り難い。スピード計はまあ、参考程度である。あまりにも遅くなるともう少し頑張って走らないと、と気がつくとか、その程度である。それよりも走行距離(と総走行距離)の記録を取るのに速度計が付いてくる。パーツのメンテナンスや交換の目安にするのに、走行距離を参考にしている。

 あと、時刻と走行時間もやはり知りたい。というわけで、チンタラライドでも、GPS付きのサイコンはなくてはならないものとなっている。ケイデンスは、まあこれも参考程度で、あればあるで有り難くはある。一方、ガーミンEdge 1030Jで表示される、高度、斜度、気温、などは、ほとんど関係ない。また、フィットネス関係のプログラムは多分全く使わないだろう。

 ただ、シマノDi2との連携はガーミンができると聞いていたので、それを導入したわけだが、フィットネス関係は自分には無用のものだねえ、と松永さんに話していたら、最近、別メーカーでその部分の機能を省略して低価格化した商品が出てきた、との話を聞いた。ブライトンというメーカーのもので、調べると確かに必要十分の機能を持つようであった。長所は、不要な機能がなく低価格、バッテリーの持ちが良い。短所は、ルートのみの表示で地図は表示されない、フォントのデザインが悪く見にくそう。松永さんも地図付きのGPSを個人的に買おうかと思っている、と話されていたが、さて、どうされるのだろうか。

by rk_tsukuba | 2017-12-03 21:01 | ローラー台、サイコン