人気ブログランキング |

つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 29日

プロジェクトMのシリアルナンバー


 ちょっと前に松永さんから聞いていて、このブログに書かなきゃと思いながら忘れていたことを思い出した。フレームのハンガー(BB)下側のシリアル番号だが、リマサンズ時代からの通し番号になっているそうだ。つまり、アマンダから独立してからということになる。私のフレームを製作頂いてから1年以上になるので、もう、340は超えただろうか。

 こうやって作り続けたものが積み上がっていくというのは、達成感があるだろうなあと思う。

 過去のプロジェクトMの資料が余りなくて、それを検討している人の参考になればというのがこのブログ立ち上げの動機の一つ(もう一つは自分自身の記録)だったが、先日気がつくと、ショップのサイトの「最新の製作品を見る」のところが久しぶりに大幅改訂されていた。そこに私のフレームも載っていて、ちょっとこそばゆい。製作年月日2013年12月29日の「ご近所Kさんのバイク」というのがそれである。

 他の方のバイクを見ると、デザインなどいろいろあって、大変興味深い。ただ、私のバイクの一つ上で紹介されている真っ黒なバイクは、製作品の実物を見たことがあってマットブラックをベースにグロスブラックのロゴが渋い感じで、写真ではそれがよくわからないのが残念である。このバイクは電動シフト・ケーブルは全て内蔵・ダイレクトマウントブレーキという、かなり尖ったバイクであった。完成品を見ても仮組みみたいであった。


by rk_tsukuba | 2015-03-29 00:03 | Project Mの発注から納車
2015年 03月 28日

もうすぐ春


 だんだんと気温は高くなって、ついこないだまでの痛いような寒さの冬は遠くなっている。それでも、朝、外を見てどんより曇っていると、何となくライドに出かける気持ちが高まらない。真冬は曇っていると実際に気温が上がらず辛いのだが、この季節は思い切って実際に出かけるとそれなりに気温は高いので、かなり気分だけの問題である。

 ニュースでは上野公園の桜が満開で人出がすごいと言っていたが、ここ、つくばではまだ満開にはほど遠い。とはいえ、メインのソメイヨシノは弾けんばかりにつぼみが膨らんで、木全体が桃色に染まって見える。別の品種と思える桜については、今満開のものや既に散り始めているものもあるが、それらの本数は少数である。

 このまま暖かい日が続けば、来週の初めには一挙に咲き始め、来週末にはもう盛りを過ぎているといったところだろうか。近隣には、筑波りんりんロードをはじめ自転車ライドで咲き誇る桜を楽しめる場所がいくつもあるだけに、次の週末ライドにそれが楽しめないとかなり残念だ。


by rk_tsukuba | 2015-03-28 22:59 | Project Mに乗って
2015年 03月 15日

花粉症と自転車ライド(2)


 先日、梅もちらほら咲いてきた、と思っていたら、あっという間に満開である。とはいえ、桜のように一面ピンク色になるのではなく、ライド中にあちこちで咲いているのが目にとまり、春の近さを感じさせる。ウグイスも聞こえた。

 氷を見ることはほぼ無くなり、確実に気温は上昇しているのだろうが、日の差さない日は相変わらず寒い。目では春が近そうに思えるが、体感はまだまだ冬である。

 花粉症のひどいこの時期、鼻は慢性的に詰まっているので食事などすると呼吸困難になりかける。口で食べている間、呼吸ができないので。大体そんな状況が続くのだが、不思議なことに自転車に乗って少し体を動かすと、すっと鼻が通るようになる。多分、適度に体を動かすことが良いのだろう。

 遊びライドでは、マスクはしないことにしている。マスクをすると、呼吸がかなりしんどくなるし、サングラスのレンズも曇り気味で危なくもあるので。マスクをしないでも、上に書いたようにライド中は案外と楽なのだが、鼻水だけは止まらない。もうこれはどうしようもない。

 そして帰宅後は、鼻はいっそう詰まり、目は外して洗いたくなるほど痒くなる。それでも良い抗アレルギー剤がなかった以前と比べると、まあ、許容範囲である。

 誰かが言っていたが、つくば界隈は関東周辺の産地からの花粉が筑波山に遮られて貯留し、花粉のたまり場になっているとか。その真偽はともかく、実際に全国の中でも関東地方の花粉濃度は高い。出張で北海道に行った時は症状はほぼ皆無になったし、関西に行った時でも随分楽になった。


by rk_tsukuba | 2015-03-15 18:48 | Project Mに乗って
2015年 03月 15日

花粉症と自転車ライド(1)


 世の中がまだ花粉症に理解がなかった頃からの花粉症持ちである。花粉症というものが世に知られていなかった頃は、体調が悪いのはサボりだとか気合いが足りないとか甘えているとか、まあ、散々であった。大体医者が花粉症を知らず、最初は風邪薬を処方されていた。

 最近は薬もあるしこちらの対応も慣れてきたので、症状自身は昔に比べると随分ましになったと言えよう。以前ひどい時は微熱ではあるが発熱までしていた。本当に動くのが嫌になるほど体がだるかった。

 とはいえ、この季節(大体1月下旬から5月上旬まで。近年それに加えて秋にも症状が出るようになってきた)、目は痒い、頭は重い、やたら眠くなる、倦怠感、集中力の低下、などとお友達状態である。

 いろいろと対応策を講じてみたが、私の場合症状を低減させるのに有効なのは、早め(1月中)から抗アレルギー剤を服用すること、花粉をなるべく取り入れないこと、の2つに集約されている。家に引きこもっていれば花粉との接触は最小だろうが、なかなかそうもいかない。外出時にはマスクをして必要時にはゴーグルかめがねをかける。衣類は玄関ではたくのと洗濯を取り込む時はやはりはたいて貰う、あと空気清浄機を動かすくらいであろうか。

 減感作療法は試して見たが私の場合は効かなかった。粘膜を焼くのも結局一時しのぎと言うことなので、ちょっと怖いこともあってそれはしなかった。甜茶も多少効くような気がしたのだが、ブームが去ると共に入手が困難になり、立ち消え状態。アロエヨーグルトが効くという話もあり、これはもう長期間毎朝の朝食のメニューにしている。もうベースラインになっているので、それが効いているかどうか不明である。カルピスのアレルケア(L-92乳酸菌)は確かに症状ははっきりと低減する。しかし、高い。当初は値引き品を購入することができたが、いつの間にか他社からの販売がなくなり通販直売のみになってからは金額的に手が出なくなってしまった。と思って随分久しぶりに調べたら、直販価格がちょっと下がっているような気がする。再開を考えて見ようか(それでも高いが)。

 花粉症のことを考えると、この季節に自転車ライドするのは自殺行為であるが、私の場合、期間が余りにも長いのである程度無視しないとどうしようもない。花粉の飛ぶ時期にライドをしないことにしていたら、1年の三分の一はできないことになる(しかも絶好の時期に)。ただ、ライド後は、鼻水は止まらないは目はくり抜いて洗いたくなるは、まあ確実に症状は悪化する。

 一時、それを避けるために花粉症用のマスクをしてライドをしていたが、やはり呼吸が苦しい。通勤ライド程度の短時間でも、マスクをしていると途中で呼吸困難気味になる。マスクを外すと呼吸は楽になり快適だが、その後に症状がつらくなるのは目に見えている。

 本当は春に向けて生命の息吹が感じられる良い季節のはずなのだが、実際にはなかなかつらい季節である。本当に何とかならないものだろうか。


by rk_tsukuba | 2015-03-15 16:35
2015年 03月 01日

春近し?


 寒い寒いと思っていたが(いや、実際まだまだ寒いのだが)、ライドに出かけると、やはり春の息吹を感じる。太陽の光は少しずつ力強さを増し、晴れていて風がない日のひなたは結構暖かい。とはいえ、朝や午後日が傾きだしてからの気温はまだまだ冬であるが。ただそれも、刃物で斬りつけられるような寒さと比べると、少しずつマイルドになってきているように感じられる。そういえば、このところ霜柱や氷を目にしていない。

 梅のつぼみはずいぶん大きくなり、品種によってはもう咲き始めているのもある。ソメイヨシノはまだまだだが、早咲きの桜が咲いているのもちらほらと見かける。ウグイスの鳴き声はまだ聞かないが、少しずつ春に向けての胎動が感じられる。それと共に、花粉症の症状も確実にひどくなってきている。

 そんな中、先日は追い風(と調子)に乗って、検見川海岸(千葉県の幕張の隣)まで行ってきた。帰りは向かい風で悲惨であった。
a0317100_1710281.png




by rk_tsukuba | 2015-03-01 00:08 | Project Mに乗って