人気ブログランキング |

つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 31日

冬用グローブ

 冬期のライドで大敵なのが寒さである。体幹や腕、足は、適切なウェアでコントロールできるが、私の場合、末端が冷えてしまってどうしようもない。足先と手はどうしても冷えてしまう。

 グローブについては、パールイズミの冬用グローブを使っている。もう廃盤になっているが、購入当時プレミアムの次に高いやつで、8000円くらいしたように思う。しかし、それでも真冬は耐えられないほど寒い。そこでインナーグローブをしてみたが、ましにはなるものの厳冬期には時間につれだんだんと冷えてきて痛くなってくる。

 昨年秋に、シマノから出ているゴアテックスを使ったグローブがより暖かそうで、価格もこなれていたので、買っておいた。見た感じは、そんなに分厚くもなく、パールのに比べて暖かさは本当に違うのかな?という感じであった。この冬、実際にそれを使い始めたが、確かに暖かい。ゴアテックスがゴワつくので、操作性は悪くなるが、指はかじかんでも痛くなるところまではいかない。つくば程度の冬であれば、これで乗り切れそうである。

 シマノのグローブは、絞るためのヒモがついていて、どっかに引っかかりはしないかと心配だったが、実際にはそのようなことはない。ただ、全体のデザインはいけてなく、なんだか残念な感じである。パールのデザインも一種独特で余り私の趣味ではないが、シマノの商品はどれもデザインは余り重視していないように思う。機能と価格がこなれているので、結構手に入れているが、正直もうちょっと何とかならんかと思わなくはない。

 そんな、シマノのグローブ、シマノの防風ビブタイツ、シマノの防風ジャケット、シマノのバイクシューズ、シマノのトゥーカバー(+パールのシューズカバーの重ね履き)で、霞ヶ浦から茨城空港まで行ってきた。空港近くの空の駅「そらら」を久しぶりにのぞいてみたら、以前はなかったバイクラックが駐輪場に設置されていた。いままで何度か来た時にロードバイクを停めるところがなく、今回もどうせ無理と思って補給は近くのコンビニで済ませたばかりだったので、今回は停めなかったが、次には停めて中を覗いてみよう。
a0317100_2045652.png


by rk_tsukuba | 2015-01-31 20:46
2015年 01月 25日

プロジェクトM初めてのオーバーホール(2)


 通常の整備メニュー以外で、今回追加でお願いしたのは、
・変則スプロケット組み(12-13-14-15-17-19-21-23-25-28-32)
・変速レバーがたまに空打ちすることがあるので、その原因と対策
・クランクのボルトカバーの段差を目立たなくできないか
であった。

 変則スプロケットについては、9000デュラエースの12-28から25-28のスパイダーアームと16のギアを取り外し、今使用中の6800アルテグラの11-32の25-28-32のスパイダーアームを組み入れる、というものである。松永さんによると「スプロケットの組換えは、なんとかうまくいきました。ちょっと上がりにくい症状がありましたが、変速性能がカバーしています。」とのことであった。

 メンテナンススタンドを噛まして変速性能を見たら、確かに多少引っかかる感じはあった。しかし、実際走ってみたところでは、普通と変わらない感じで変速でき、実用上は問題なさそうである。ただ、スプロケットの基本がデュラエースになったから変速性能が上がったかというと全くそんなことはなくて、今まで使った、ティアグラ、105、アルテグラ、デュラエースとも、性能や感触に差を感じることはなかった。価格と重量と仕上げに確かに差があるが。

 デュラエースでは、19-21-23と25-28のスパイダーアームがチタンギアで、25-28はスパイダーアームの材質もカーボンという凝った構成になっている。今回の変則スプロケットでは、その25-28を外して使わないという勿体ない事になっている。また、19-21-23は使用頻度の最も高いところなので、使われているチタンギアの摩耗がそれほど早くないことを祈るばかりである。今回の組み替えを考えた際に、そこは気になったので松永さんに確認したところ、そこまで早く交換するという印象はない、との言葉を信じたい。ちょっと頻繁に交換できる金額ではないので。

 変速時の空打ちについては、多分変速ワイヤーのほつれが原因ではないかということであった。交換したケーブルを見せて頂いたが、それほどひどくはなかったが、確かにワイヤーがほつれていた。この交換で症状が治まってくれると期待したい。

 クランクのボルトカバーの段差については、可能なら頭を削って平らにしてもらえたら、と思ってお願いした。実際に外して調べて頂いたところ、削ると中のボルト用の穴が露出しそうということで、こちらは残念ながら作業はできなかった。まあ、非純正の組み合わせで使っているので、これはできなくても仕方がない。


by rk_tsukuba | 2015-01-25 21:18 | Project Mに乗って
2015年 01月 24日

プロジェクトM初めてのオーバーホール(1)


 1年ちょっと、6800 km ちょっとで、プロジェクトMのオーバーホールをお願いした。今回の主なメニューは、
・BB交換
・インナーケーブル交換(ブレーキ、変速)
・バーテープ交換
・その他全体チェック
といったところ。次回はこれに加えて、多分、
・ヘッドグリスアップ
・ケーブル全交換(インナーもアウターも)
・ハブグリスアップ
あたりが加わるだろうか。

 ちなみに、チェーンとブレーキシューは、オーバーホール時期にこだわらず、必要になった時に交換するようにしている。今回は両方とも無し。

 BB交換については、情報をあさると余り換えない主義の人(ショップ)もあるようだ。松永さんは換えることを勧められるので、それに従っている。今まで、5700 501,7900および9000デュラエースを使ってきて、6000-7000 km でへたったという感じはないが、まあ、自分ではとても交換できないパーツなので。ただ、今回については、クランクを踏み込んだ時にときおりBB付近から軋み音があるので、是非換えたいとは思っていた。これも噂話だが、ベアリングが小さくなった分、9000デュラエースのBBの耐久性は以前のモデルより短いという情報もあるし。

 一方、スプロケットについては、交換を勧められたことがない。人によっては、チェーン交換2回に1回スプロケット交換をする人もあるらしいが。以前に松永さんと話した時に、昔は材質が良くなくスプロケットもチェーンリングも交換することがそれなりにあったが、最近は材料の品質が上がったせいか余りそのようなことはない、と聞いたことがある。

 バーテープは、今まで愛用のバイクリボンのスプーナ(白)から、デダのもの(スカイブルー)に変えてみた。バイクリボンが悪いわけではないのだが、ちょっと色を変えてフレーム色と同系統で揃えてみたかったという単純な理由である。結果は写真の通りで、ずいぶん印象が変わった。これはこれで悪くないが、バランスとしては白の方が良かったかもしれない。バーテープ表面の仕上げはずいぶんと違い、冬用グローブの今はわからないが、暖かくなって指切りグローブを使うようになると、感触の差があらわになるだろう。ちょっと滑りやすいような感じがする。
a0317100_21305082.png




by rk_tsukuba | 2015-01-24 21:31 | Project Mに乗って
2015年 01月 18日

チェーンクリーナー

 チェーンのクリーニングは、かなり試行錯誤している。最初は、パーツクリーナーで汚れを吹き飛ばしていたのだが、大量に使う割にいつまでたっても汚れが落ちきらない。

 そこで、次には、チェーンクリーニングマシンを購入してそれを使ってみた。機種はパークツールのCM-5。フィニッシュラインやペロドスからも、同様のマシンが出ているが、パークツールのを選んだのは、確かその時にネットの情報を調べていて評判が良さそうだったからだったと思う。ずいぶん前のことで忘れてしまった。

 それに入れて使う洗浄剤は、CM-5にセットとして付属していたシトラスチェンブライト。この純正の組み合わせは、本当にすごくきれいになる。原料が生物系のせいか臭いも自然で、有機溶媒でないので扱いも神経質にならずに済み、大変気に入った。難点は価格が高いことである。この手の生分解性ディグリ-ザーは、他からも出ているがそれらを試したことはない(フィニッシュライン シトラスバイクディグリーザー、ペドロス オレンジピールズ)。生分解性ディグリ-ザーを使い続けたいところだが、残念ながら近隣のショップでの扱いがなく、ネット通販でもどれも価格が高く、入手性が余り良くない。

 シトラスチェンブライトの後、クルマ洗車用の洗剤とか、台所用洗剤とか、多少試したが、やはり全然駄目であった。そうこうしているうちに、CM-5のあちこちが壊れてきて、新しいクリーニングマシンを考えないといけなくなった。

 そんなとき目についたのが、AZのチェーンクリーニングマシンである。単体で400円しないという低価格である。CM-5やその同等品に比べると圧倒的に安く、これは試してみるしかないと思い、AZのを入手して使用してみた。

 用いた洗浄液は、同時購入したAZのシトラスゾルブである。生分解性のディグリーザーとあるので、シトラスチェンブライトなどと同等のカテゴリーと思われる。これらを組み合わせて使っての感想は、そこそこきれいになるが、やはりCM-5の方が優れている。CM-5だと洗浄液を換えなくても十分洗浄できたが、AZでは洗浄液を何度か換えても汚れが残っている。後述のように、これは同じディグリーザーを使った比較でも差があったので、クリーニングマシン自体の性能の差だろう。まあ、価格が10倍ほど違いますから。あと、AZのシトラスゾルブは臭いがきつく、余り引き続き使いたくないと思った。

 AZのシトラスゾルブの臭いに懲りたので、同じAZのクイックゾルブを試してみたが、これが全然汚れが落ちない。何度も洗浄液を換える必要があり、駄目駄目と思っていたが、ふと思いついて壊れかけのCM-5にこれを入れて使ったところ、嘘のように汚れが良く落ちた。

 というわけで、やはり高いにはそれなりの理由があるようである。そこで、パークツールのCM-5.2(CM-5の後継機種)を新たに購入することにした。洗浄液については、入手性、価格、洗浄能力、などの点でどれが良いかまだ決めかねている。ただ、AZについては、クイックゾルブよりシトラスゾルブの方が洗浄力はずいぶん高いようである。
a0317100_21142889.png


by rk_tsukuba | 2015-01-18 22:53
2015年 01月 17日

バイクのクリーニング

 昨年末に大掃除で、久しぶりに自転車の掃除も行った。と言ってもそんなに特別なことをしたのではなく、本来なら日頃からもっとマメにしておかないといけない作業を、ちょっと丁寧にしたくらいである。週末の休みは有限だし、普段は時間があれば掃除するよりも乗りたいのが本音である。

 具体的には、前後ホイールを外して整備台に乗っけて、次の作業を行った。チェーンのクリーニングと注油、ブレーキ、ディレイラー、ワイヤーへの注油。ここまでは、チェーンのクリーニング以外、普段でもちょくちょく行う(特に雨天後など)。それ以外には、普段手の届きにくいところ(チェーンリング裏側、BBまわり、前後ブレーキ付近のフォークおよびフレームの内側、など)の清掃をし、折角ホイールを外すので、スプロケットもできる範囲できれいにするよう努力する。

 チェーンのクリーニングは、普段はライド後にウエスでざっと拭くのを基本とし、200 -300 km を目安にチェーンルブを塗布するようにしている。使用しているチェーン用オイルは、以前はWAKO’Sのメンテルブを使っていたが、今は同社のチェーンルブを使っている。それ以外の部分の注油には、同社のラスペネを中心に、メンテルブ、チェーンルブを「適当に」(適切に、と言う自信はない)使用している。

 チェーンオイルとしての、メンテルブとチェーンルブの個人的な使用インプレだが、メンテルブの方がハードな使用に耐えるように思う。長所としては、潤滑性能が長持ちする(300-400 kmくらい)のと、雨天時にチェーンルブよりは耐性がある。短所としては、汚れやすい。チェーンルブの長所は、メンテルブよりもチェーンの抵抗が少ない(走行感が軽い)のと、汚れにくい。短所は耐久性に劣る。チェーンルブの耐久性については、塗布後、チェーンをあまり丹念に拭きすぎると、あっという間にオイル切れを起こしてしまう。本当に軽く拭く程度が良いようだ。全然拭かないと、それはそれで汚れが激しいし、その兼ね合いがちょっと面倒ではある。

by rk_tsukuba | 2015-01-17 21:17
2015年 01月 04日

XTR Di2 に思うこと

 前回に続き、技術の進歩についての私見を。

 XTR Di2の発表を知った当初は、MTBでも11速になって電動化もするんだ。ふーん。という感じで、ほとんど興味は無かった。MTBも面白いと思うが、さすがに今から始める気にはならず、まあ、別の世界の出来事と思っていた。

 XTR Di2について、少しずつより詳しい情報がわかってくると、これは実はものすごい革命的なことではないかと思えてきた。何がすごいって、シンクロシフトなる自動変速システムである。もう既にあちこちで取り上げられ解説もされているので、概説に止めるが、フロントギア、リアギアの最適な組み合わせでの変速組み合わせが前もって設定されていて(自分で設定もできるらしい)、変速レバーを押すとその設定に従って変速されていく。つまり、ライダーは前ギアを変速しなきゃとか、後ろギアを変速しなきゃとか、考える必要がない。

 これって、本当に画期的なことだと思う。チェーンラインが斜めにならない最適な組み合わせをセットできるわけだし、フロントを落としたからリアを2段戻すとか、その逆とか、考える必要はないし、そのタイミングでチェーン落ちしやすいのも避けることができるはずだ。名称は同じ Di2 でも、今までのロードバイク用のものは単純に変速作業を人力でするか電動でするかだけだったので、それとは思想が違う。

 このシステムが今後ロードコンポーネントの方に反映されるとしたら、これは革命であると思える。全くすごいことである。今までのロード用 Di2 は、良くも悪くも変速という作業だけを電動にしただけだが、XTR Di2 は電動化することにより変速をインテリジェント化し、自動変速に一歩近づいている。

 重量を切り詰めても剛性等を十分に確保できる最新のカーボンフレーム技術、ディスクブレーキの導入、それによりリムブレーキから解放されたカーボンホイール、そして XTR Di2電動自動変速システム。これらが集約されると、夢のような次世代ロードレーサーができるように思う。案外それはすぐに(2-3年くらい?)現れてくるような気がする。

by rk_tsukuba | 2015-01-04 09:00
2015年 01月 03日

カーボンホイールとディスクブレーキ

 新しい年を迎えるに当たり、これからの技術革新について私見を記したい。

 カーボンホイールとディスクブレーキは双方とも以前よりある技術で、特に目新しいというものではない。ディスクブレーキはUCIが認めないのでロードバイクへの搭載例が少ないだけで、MTB, シクロクロスでは定着している。ただ、ここに来ていろいろな状況から、今後これらを組み合わせて実装するロードバイクが1つの流れになるかもしれないという気がする(UCIさえ認めれば)。

 ディスクブレーキのメリットは、制動力の向上、雨天時での制動力低下が余りない、リムブレーキと違いリムを攻撃しないのでホイール設計上それを考えなくて良い。デメリットは、ブレーキ取り付け部の剛性を確保するためのフレームおよびフォークの重量の増加、それに伴うフレームおよびフォーク全体の設計変更。というところだろうか。

 しかし、昨今、UCI規定を遙かに下回る重量のフレームがどんどん開発されてきた状況下では、重量増加は致命的なデメリットでなくなってきているし、設計変更についても、そろそろディスク対応のロードバイクフレームについて知見がたまりつつあるのではないだろうか。

 一方、カーボンホイールの最大のデメリットの1つは、ブレーキである。放熱が悪いためにリムブレーキをかけ続けると高温になり、最悪、ホイールが破損してしまうという例も過去にはあった。現在でも、カーボンホイールで下り坂などでブレーキをかけ続けるのは推奨されない。メリットは、重量や振動吸収性など、あまたある。

 ディスクブレーキとカーボンホイールの組合せは、これを解決する。ホイール側はリムにブレーキパッドが当たることを考慮しなくて良いので、熱的にも強度的にもすごく楽になる。ディスクブレーキ専用ホイールのリム重量は、既存のものよりもより軽く作れるだろう。ディスクブレーキ化による重量増は、昨今のフレームの軽量化で十分相殺できるだろうし、もし仮に総重量が同じとしても、回転体の最外周(リム)が重いのと、中心部(ブレーキローター)やフレーム等(キャリパー受け)が重いのでは、後者の方がはるかに軽快に走れるはずだ。

 このように、フレームの軽量化、ディスクブレーキ専用カーボンホイール、ディスクブレーキ、は組み合わせることで互いに相補的にトータルとしての性能の飛躍的な向上につながると思われる。

by rk_tsukuba | 2015-01-03 10:23