人気ブログランキング |

つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 31日

クリートがはがれた


 なぜか、8月になってから今までになかったような自転車のトラブルが続いている。このブログでも触れたが、

・チェーンがアウター側に落ちかけて、フロント変速機の羽根を曲げてしまい、フロント変速がまともにできなくなった。これは松永さんが結構強引に羽根を力ずくで元の形に戻し、ちゃんと動作するようになった。もっとも、力をかけて戻しただけなので、また歪んでくる可能性があるかも知れないとのこと。それを避けるにはパーツ交換が必要だそうだ。ちなみに、羽根を工具で挟んだ際に105のシールがはがれてしまい、今フロントディレーラーは名無し状態。

・リア変速機のワイヤーが切れかけて変速不調になった。これはワイヤー交換で元に戻った。

・今回は、クリートのすり減る部分(黄色とか青とか赤い部分)がはがれてきた。まだそんなにすり減ってない状態だったこともあり、びっくりした。ライド中になぜかペダルにはまりにくいなー、と思って靴底を見てびっくり。こんなのは初めて見たし、松永さんもあまり見ない症状らしい。ペダルに固定後は力がかかる部分ではないので、とりあえず接着剤でくっつけて様子を見ることにする。まだあまり消耗していない状況なので、シマノにも問い合わせてくれるようだ。

 なぜか、新しいフレームを購入することを内心で決めた頃から、やたら今のバイクのトラブル(しかも今までなかったようなものばかり)が起こっている。クルマも新車の買い換えを検討し出すと現有車の調子が悪くなると聞くが、なんか同じような状況みたい。現有車に宿る魂か、女神様の嫉妬を買っているのかもしれない。これ以上トラブルが起きませんように。

a0317100_21474157.jpg


by rk_tsukuba | 2013-08-31 21:48 | アンカー Rfx-8
2013年 08月 31日

通勤用自転車にチューブレスタイヤも良いかも


 通勤路は交通量の激しい大通りなので、基本的に歩道を走行している。自転車走行可の歩道であるのは当然だが、歩道としては非常に広く、片側の歩道だけでもその気になれば乗用車がすれ違えるくらいの幅がある。このあたりはクルマがメインの交通手段なので、それだけ広い歩道でも歩行者はかなり少なく(場合によってはほとんどいなく)、気をつければ自転車も快適に走行できる。歩道は自転車通行区分と歩行者通行区分に分かれているのだが、歩行者は全然気にせずにフリーダムなので、やはり十分に気をつける必要はあるが。

 そんな歩道を自転車で走る際に問題になるのが、路面の凸凹である。街路樹が育ってその根が歩道の舗装を持ち上げ、あちこちでかなり激しい落差になっている。言ってみれば歩道と車道の間の落差があちこちにあるようなものである。こんな状況なので、通勤時に絶対パンクしたくなかったので、シラスに最初についてきた 28c のタイヤは速攻で 32c に換えた。そのおかげか、今に至るもパンク知らずである。

 通勤用に組み替える Rfx-8 でも、パンクは極力避けたい。このような路面状況なので、貫通パンクもさることながら、リムうちパンクのリスクが大きい可能性がある。とすると、チューブレスタイヤを履かせるのも面白いかもしれないと思いついた。最近、25c のチューブレスタイヤが出始めたようで、それならかなり良いかも。ただ、ホイールを対応のものにせねばならないので、その分費用がかかる。今回、新しいバイクで大出費するので、そんな余裕はないよなあ、普通。まあ、もうちょっと悩もう。

a0317100_21203472.png


by rk_tsukuba | 2013-08-31 21:21 | タイヤ
2013年 08月 30日

通勤用 Rfx-8 のタイヤの検討


 通勤用にする Rfx-8 では、ホイールを元のシマノWH-R500 に戻すつもりだが、以前に履いていたタイヤはさすがに替えないとだめだろう。前輪は 8000 km, 後輪は 3500 km 近く走っているし、時間も経っているので。チューブも換えるべきだろうし、場合によってはリムテープも交換せねばならないかもしれない。さて、タイヤをどうするか。通勤用なのでパンクは極力避けたい。できれば 28c を履かせたいと思っていたが、松永さんからブリジストンに聞いてもらったところ、メーカーとしては 25c までしか保証してないとのこと。WEB で少し調べたら、28c を履かせている人も見つかったが、ホイールとタイヤの組み合わせで上手くいくこともある、ということだろう。安全を取って 25c にするか、少しだけ幅広の 26c にするか、賭に出て 28c にするか。そしてどのようなタイヤを選択するか、これも悩ましい。まだ時間はあるので、情報収集をして悩もう。

 スポーツタイヤとして耐久性と頑丈さで定評があるのは、コンチネンタルの GP-4000S だが、一般使用(歩道の段差を多く超えねばならない)としてはどうなのだろう。走行距離は今までと比べるとずっと短くなるので、耐久性の方はあまり考慮に入れなくても良いかもしれない。松永さんにパンクしにくいタイヤを聞いてみると、パナレーサーのリブモを勧められた。今、シラスに履かせているのはパナレーサーのパセラブラックスで、重いけどパンク知らずである。もう少し軽めの中から探したい。

 ちなみに今履いているのは、前輪が IRC のアーバン用(既に廃番)で、後輪がパセラブラックス 32c (なんと 630 g)である。ほんっっとうに頑丈だけど、改めて確認してみるとすごい重さだ。これでもその気になったら 100 km 走れるんだ。なんと贅沢な今の状況よ。
a0317100_21192854.png




by rk_tsukuba | 2013-08-30 21:22 | タイヤ
2013年 08月 29日

Rfx-8 の通勤用バイクへの組み替え


 新しいバイクが組み上がった後、今乗っている Rfx-8 をどうするかというと、通勤用にするつもりである。現在通勤用のクロスバイクは保管場所もないし、整備すればまだまだ乗れると思うがもったいないけどお役御免かな。そのクロスバイクはスペシャライズドのシラスで、5年ほど乗っている。一度オーバーホールをお願いし、レボシフトのラチェットがすり減っていたのでラピッドファイヤーに交換したが、それ以外はあまりいじっていない。購入時に 28c のタイヤを 32c に交換したのと、ステムを上下逆にして多少前傾姿勢を取れるようにしたこと、オーバーホール時にハンドルバーを少し切って短くした位だろうか。その後整備を怠っているせいもあって、最近全般的に調子が悪い。本来だとフルオーバーホールをせねばならないのだが、この際それをやめて Rfx-8 を通勤用にしてしまおう、というのも、今回のフレーム購入の動機の一つでもあった。

 シラスは少し古いモデルなのでフォークもフルアルミで、反応性は良いものの振動が体に堪える。また、サイズが微妙に合っていなく、乗っていてどうもしっくりしない。また、ハンドルもフラットバーに近いライザバーで、ライド中の姿勢が固定されるので長時間乗ると体のあちこちが今以上に痛くなっていた。クロスバイクを買うときに松永さんのお店で確かアンカースポーツのモデルを仮発注したのだが、納期が予想以上にかかることがわかり、他店で店頭在庫のあったシラスを購入した経緯がある。いろいろあって、その購入店からはすっかり足が遠のいている。

 シラスしか乗っていないときは、それで100 km 超のライドもたまにしていたが、100 km 走るとヘロヘロのガタガタであった。感覚としては、シラスでの60-70 km が Rfx-8での100 km くらいで、これはまあ手軽に乗れる距離。シラスでの100 km は Rfx-8で150 km くらいで、これはそれなりに覚悟がいる(時間もかかるし)。シラスで 100 km を超えるライドはちょっとつらくて、なかなかする気になれなかった。まあ、当時は、ウェアも適当だったし、補給食の知識も少なかったという状況もあったわけだが。少しずつ距離を伸ばして、つくばりんりんロードを完走したときはそれなりの達成感があったのが、今となっては懐かしい。


by rk_tsukuba | 2013-08-29 21:47 | アンカー Rfx-8
2013年 08月 28日

小物たち


 今回のオーダーバイクに限らないが、新しい自転車の購入に伴い、いろいろと小物も用意する必要がある。

 サイコンはどの程度の機能のものを選ぶか。今、Rfx-8 は、距離、速度、時間だけの単機能のサイコンと、地図付き GPS の2本立てで、やはりこの体制が便利かと思っている。ただ、ハンドルバーの種類によって、どのように取り付けられるかなどがあるので、それも含めて考えるか。場合によってはサイコン取り付け用の補助バーなども検討せねばならないかもしれない。余分の出費を避けるためには、今のを移設するのが良いのだが、有線式なので混線はないが見た目がイマイチなんですよね。

 サドルバックには、換えチューブ、タイヤレバー、CO2カートリッジ、それ用アダプター、ミニ空気入れ、イージーパッチ、携帯工具、ポケットティッシュ、ワイヤー錠、を入れて現在携帯している。ずいぶん草臥れてきているので、これを機会に新しいものにしたい。軽さとデザインを主眼に選びたい。

 ボトルケージもいろいろなメーカーから非常に多くのものが出ているが、その中からデザイン的にマッチするものを選びたい。カーボンのものとか格好いいけど、お値段がね。。。まあ、このあたりは最終的な予算と相談しながら、ということになりそうだ。

 メンテナンススタンドも必要。ベルも一応必要。燈火類は今あるものを流用できるかもしれないし、新しくそろえた方が良いかもしれない。自転車本体と含まれない小物類としては、こんなところかな。


by rk_tsukuba | 2013-08-28 22:09 | Project Mの発注から納車
2013年 08月 27日

BBの規格など


 前回の松永さんとの打ち合わせ時に聞き忘れたBBについて、メールで確認したところ、予想通り通常のねじ切りJISタイプであった。まあ、日本で作るものにわざわざイタリアン規格のもので工作する理由はないだろう。現在はやりつつあるプレスフィットBBは、通常のねじ切りBBを入れるためにはカーボンフレームBB部に金属の筒を入れねばならず、製造上の工程が増えることと重量が増えることを嫌って取り入れられてきていると聞いたことがある。今回、BB部は最初から金属ラグ部なので、それは当たらない。メンテのことを考えても、ねじ切りの方が圧入よりも良いだろうから、他に大きなメリットがない限りねじ切りだろうと思っていたが、やはりそのようであった。

 今回、フレーム制作に伴い、BBとかヘッドパーツとか、完成車を購入するときにはおおよそ考えもしない点を調べたが、近年このあたりは乱立状態のようだ。なんかもう、メーカーごとに規格が乱立している様子で、自転車の楽しみ方の一つでもある、互換性のあるパーツの交換やグレードアップ、というのができなくなっている感じだ。

 もう一つ細かい検討点として、サドルを固定するヤグラをどうするかというところがある。シートチューブを延長するので、シートピラーは極短になる。当初案では、シートピラーはグランジMTBの下を切ってヤグラの部分を使う、ということだった。気になっているのはサドルの固定方法で、Rfx-8 では最初に付属の1本締めでは微調整ができず苦労したので、できるだけ調整が簡単にできるものにしたい。ちなみに、今のフィジークのシートポストは、私の扱い方が悪いのか、いまいち調整に苦労している(乗り心地はよいのだが)。そこで、そのあたりがクリアされるものがないか松永さんに確認したところ、WRのカーボンシートピラーを候補としてお教えいただいた。確かにこれは2本締めだが、角度調整には5mmのスパナを使うようで、その点の使い勝手はどうなのだろうか。また、チューブ部がアルミではなくカーボンで、延長シートチューブでの保持は大丈夫なのだろうか。このあたりを確認する必要がある。


by rk_tsukuba | 2013-08-27 22:08 | Project Mの発注から納車
2013年 08月 26日

ハンドルバー考


 今、Rfx-8 で使っているアンカーで最初からついてくる日東のアルミハンドルは、現在主流のアナトミックシャローである。機会があればカーボンハンドルにしたいと思っていたので、今回の Project M 用には、カーボンハンドルを奢る予定である。今のハンドルは、私にはドロップが少し浅く感じられているので、新しいものではもう少し深いのにしたい。ただ、ハンドルの形状はいろいろあって、単純にリーチの長さとドロップの深さの数字だけでは判断できない。いろいろ調べてますますそう思うようになった。

 最初に松永さんから提案のあった 3T ROUNTUNDO はどうもクラシックな丸ハンらしく、またドロップも私には少し深すぎるような気がする。同じ 3T の新製品の TORNOVA は、上半分はアナトミックで下半分は丸ハンという情報があるので、こちらの方が希望に近いかもしれない。それでもドロップは深すぎるかもしれない。

 イーストン EC90 SLX3 は数字だけでは今のと変わらないくらいだが、写真で見るとドロップの落ち始めが早いので、私の希望に近い可能性がある。TNI のカーボンSLバーは、数字の上からも写真上もちょうどよいように思える。タイムのエルゴドライブは、写真で見ると良い感じ。ただ、図面はおろか数字すら見あたらず、何とも判断できない。

 スペシャライズドのは、BEND CARBON はアナトミックの深めに見え良さげだが、ドロップが深いかも。CLASSIC CARBON は名前の通り丸ハンかもしれない。

 まとめると、深めのアナトミックとして、3T TORNOVA、TNI カーボンSLバー、タイムのエルゴドライブ、スペシャライズド BEND CARBON。丸ハンとして、3T ROUNTUNDO、イーストン EC90 SLX3、スペシャライズド CLASSIC CARBON といったところだろうか。結局このあたりは図面なり実物なりを見てみないと判りそうにない。さて、どうするか。

a0317100_22451779.png


by rk_tsukuba | 2013-08-26 22:46 | Project Mの発注から納車
2013年 08月 25日

フレームについて決まったこと決まらなかったこと(その2)


 フレームシルエットについては、私の身長なら制約がなく、ホリゾンタルでもスローピングでも、いかようにもできるとのことであった。今の Rfx-8 とフレームサイズはあまり変わらないはずなので、これを参考に、トップチューブをどれくらいスローピングさせるか自分なりに考えてください、と宿題を出された。宿題の期限は、実際にフレーム設計に入る直前で、10月上旬くらいが現在の予定らしい。そのときに、今乗っている Rfx-8 の各ポジションを測定するとのことだった。なぜ、今しないのかと思ったら、細かいポジション変更が今後あるかもしれないので、やはり最新のポジションの数字を測りたいということであった。

 フォークは市販のものから選ばれるわけだが、塗装については、そのままでも好みに塗るのでもどちらでもOKとのことだった。塗る場合には、元のクリア層をはがし塗装面を荒らした上で新しい塗装をするということだ。これをどうするかは後で考えよう。

 フレーム本体の塗装についても早めに決める必要はなく、フレームが仕上がってから、どの場所をどの色で、という指定をする人もおられるそうだ。Project M のロゴについては、すでに型枠があるので、基本的にはそれを使うそうだ。その場合、サイズ変更はできないが、一部をマスクすることは可能。違うデザインのフォントを使うことも可能。ただし塗装屋さんの手持ちフォントであれば通常のネーム入れ料金でできるが、そうでなく新しい型枠を作成するとなるとかなり金額がかさむようである。ちなみに、以前から気になっていた Project M の M のあとの E みたいなのは何? と尋ねたら、あれは燃え上がる炎マークだそうだ。ちなみにデザインは松永さんではないとのこと。

 フレームへの文字入れ等については、松永さんは驚くほど懐が深いのがわかって、感心した。普通なら作品名(ブランド名)である Project M のロゴや表示場所を変えるのは、門前払いだったりすごく抵抗がある場合が多いと思うが、松永さんの場合、それもオーナーの自由にお任せする、というスタンスだった。今回の私のフレームは細身で仕上がりそうなので、Project M のロゴはもう少し小さいか細い方が良いと思っていて、そのあたりをお伺いしようと思っていたのだが、それ以上に自由にできることがわかった。今までに、例は少ないがフレームに文字を全く入れないというオーナーもおられたそうだ(潔よ過ぎる)。

 今考えているのは、フレーム色は少なめ、ラグを特別目立たせない、ロゴは細めのフォント、といったところ。ヘッド小物とか、バーテープ、ケーブルアウターなどの色とのバランスも考えたい。ヘッドチューブ正面にしゃれたワンポイントが入ると良いけど、デザインが難しいかも。後は細かいステッカーチューンで遊ぼうかと思っている。


by rk_tsukuba | 2013-08-25 17:35 | Project Mの発注から納車
2013年 08月 24日

フレームについて決まったこと決まらなかったこと(その1)


 Rfx-8 のシフトケーブル交換作業を待っている間に、松永さんと Project M フレームについて打ち合わせを行った。結局、予算の縛りがないならやはりロングライドにはこちらをお勧めするということで、シートステーもカーボンでいくことになった。はっは、当初からするとどれだけ予算がふくらんでいることやら。もう笑うしかない。各カーボンチューブの弾性率は、フレーム制作に入る前にきちんと設計するタイミングで総合的に考えるので任せてほしいということで、これは松永さんに一任。

 評判のいいシマノの機械式11速をまずは現時点で楽しむのもいいのではという気持ちと、電動化までするとさすがに予算的に厳しいという現実とで、今回は機械式のコンポで組むことにした。そして、以後の電動化を見越してどこまでフレームに工作しておいて貰うかについて、相談をした。BB周りの下工作は標準でしていただけること、それ以外の工作は別料金だが電動用ケーブルの太さや取り回しなど今後変わる可能性があること、などから、今下工作を行うメリットは余りないのではないかということになった。実際に電動化する時にそのときの機材に合わせてする方が実際的で、下工作用の予算は他に回した方がよいのではという助言をいただき、そうすることにした。次に電動化する時は、その分それなりの金額がかかるであろうが、まあ、それはその時に考えて対応するのがよいだろう。

 タイヤ幅にどこまで対応できるかという点だが、基本的にはブレーキアーチとタイヤの縦横比で制約されるとのことであった。ブレーキアーチは基本的に 25c まででタイヤは同じ幅でも高さがいろいろあってケースバイケースとのことである。28c にするとロードバイクらしさがスポイルされるのでお勧めしないとの助言をいただき、元々何が何でも 28c を入れたいわけでもなかったので、そこについては特別なことをお願いしないことにした。

 ヘッドパーツについては、インテグラルヘッドは予想通り「あなたのニーズからすると要らない」とサクッと言われたのでなし。パーツメーカーはやはりクリスキングが信頼性があってお勧めと言うことで、これも当初案通りでいくことにした。実は、ヘッドパーツはフレーム設計と密接に関係するので、早めに決めておく必要がある部分だったそうだ。

 シートチューブは延長加工してもらうのだが、トップチューブとシートステーとの集合部からの距離が長くなるとどうしてもたわむ。そのたわみが好みでないなら、シートチューブ内部に金属製の中子を入れて、たわみを少なくすることもできるそうだ。もっとも、集合部からの突き出しの長さは未定だし、シートチューブの弾性率も未定なので、それを決めるのはフレーム設計を行う直前になるだろう。

 カーボンハンドルについては、当初案の 3T ROUNTUNDO TEAM はちょっとドロップが深すぎ、形状も好みではないように思えたので、今使っているアナトミックシャローのシルエットで少しだけドロップが深いもの、という方向で再検討することにした。1つの候補は同じ 3T の TORNOVA であるが、ホームページには載っていたのだがショップの紙のカタログにはなかった。ステムについては、乗り出してから微調整で交換の可能性もあるし、そこそこのものである当初案を基本に考えるので問題ないだろう。サドルは大問題。今のアリオネtri2はベストとはほど遠い。長距離長時間乗らないと判断できないので、結局は良さげなやつから試していくしかないのかもしれない。

 というわけで、パーツで宿題となったのは、コンポ(6800アルテグラが、思い切って9000デュラエースか)。これは予算をにらみながら私が決めるしかない。ショップで両方の実物を眺めてきたが、9000のツートンカラーも案外いいかもしれない。出たときはあまり良いデザインに思えなかったが。後は、ハンドルをどうするか、サドルをどうするか。聞き忘れたのは、BBは通常タイプとプレスフィットタイプとどう違うのか。


by rk_tsukuba | 2013-08-24 23:39 | Project Mの発注から納車
2013年 08月 24日

リアディレーラー不調が直った


 自転車屋さん(マツナガ)に、リア変速不調になった Rfx-8 を持って行って見てもらった。不調になったのを直そうとして、私が自分でセッティングをいじっていたのがかえって外れていたということもあったようだが、結局ブラケットラバーをめくってみるとそこにはほつれたシフトワイヤーが。そこで見えていた部分はややほつれていた状況だが、インナーケーブル交換をお願いして作業を進めて頂くと少し奥の方では派手にほつれているようで、簡単にケーブルが引き出せないかも。一時は時間がかかるので預かり修理になると言われたが、メカニックの阿部さんがいろいろ苦労されて、最終的にはその日のうちに作業を終えて頂けた。前回オーバーホールから約 4500 km。シフトをする頻度によるのだが、もっと短い距離で変速ケーブルが切れた人もいるそうだ。ただ、シフトケーブルをハンドルに這わすようになってから、この手のトラブルの頻度が増えた印象があるそうだ。ケーブルを強引に曲げるのでストレスがかかっているのかもしれない。6800 アルテグラではケーブルの引き回し方向が変わっているそうで、その対策かもしれないとのことだった。

a0317100_21475339.jpg


by rk_tsukuba | 2013-08-24 21:49 | アンカー Rfx-8