つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ローラー台、サイコン( 20 )


2017年 12月 04日

ガーミンEdge 1030J(2)

 ガーミンのセットはプロジェクトMに設置したが、アンカーRfx-8にもGPSサイコンが付くと良いなあ、と思って少し工夫してみた。アンカーRfx-8には、TOPEAKのPanobikeセンサーを付けて、それをスマホで受けることでGPSサイコンとしていたが、落下が怖くてハンドルに設置することはせずに、ほぼローラー台での運用だけであった。

 ガーミンEdge 1030JはANT+の他にbluetoothにも対応しているはずなので、bluetoothデバイスであるPanobikeセンサーが使えないかと思って試してみた。やってみると、認識してペアリングもできたので、やった、と思ったが、いくらクランクを回してもホイールを回しても読み出し値は0のままである。何回か試したが駄目だったので、残念ながら、この組み合わせは機能しないようだ。

 bluetooth は低消費電力で魅力的なのだが、versionや規格がいろいろあって、その組み合わせでうまくいかないことが相当あると聞く。今回、規格など何も調べずやってみたが、多分、そのあたりが問題で互換性が取れない組み合わせであったのだろう。残念だが仕方ない。アンカーRfx-8は、GPSは諦めて、今までプロジェクトMにつけていた最もシンプルな速度計だけのキャットアイのものを移植して、それだけで過ごすことにしよう。
[PR]

by rk_tsukuba | 2017-12-04 00:03 | ローラー台、サイコン
2017年 12月 03日

ガーミンEdge 1030J(1)

 今回、今まで使っていたGPSが故障で使えなくなっていたのもあり、また、Di2のギア位置表示をさせたいというのもあり、金額は張るがガーミンEdge 1030Jを導入した。ところがこれが予想以上に高機能すぎて、全然使いこなせない。というか、製品開発のポリシーが私の思っていた使用目的と微妙にずれているので戸惑った点が大きい。

 今まで使っていたユピテルのGPSは単機能のもので、今いる場所の表示、ルートラボなどで作成して本体に転送したルートの表示、目的地への直線方向と直線距離の表示、というものであり、機能的にはそれで十分であった。もちろん、時刻や経過時間距離、速度などは表示されるし、センサーを組み合わせればケイデンスなども可能。

 一方、ガーミンの方は、トレーニングを第一目的にしており、そのためのメニューが豊富である。しかし、チンタラへたれライダーの私は、トレーニングする気など全くなく、ただ、無理なく楽しくライドできればそれでよい。だったらサイコンもGPSも要らないだろうと言われそうだが、適当に走って遠出した時に、現在地と自宅までの方向と距離が分かるのは大変有り難い。また、自分の走ったルートは特に初めての場所は分からなくなるので、それがログで残って後で確認できるのも有り難い。スピード計はまあ、参考程度である。あまりにも遅くなるともう少し頑張って走らないと、と気がつくとか、その程度である。それよりも走行距離(と総走行距離)の記録を取るのに速度計が付いてくる。パーツのメンテナンスや交換の目安にするのに、走行距離を参考にしている。

 あと、時刻と走行時間もやはり知りたい。というわけで、チンタラライドでも、GPS付きのサイコンはなくてはならないものとなっている。ケイデンスは、まあこれも参考程度で、あればあるで有り難くはある。一方、ガーミンEdge 1030Jで表示される、高度、斜度、気温、などは、ほとんど関係ない。また、フィットネス関係のプログラムは多分全く使わないだろう。

 ただ、シマノDi2との連携はガーミンができると聞いていたので、それを導入したわけだが、フィットネス関係は自分には無用のものだねえ、と松永さんに話していたら、最近、別メーカーでその部分の機能を省略して低価格化した商品が出てきた、との話を聞いた。ブライトンというメーカーのもので、調べると確かに必要十分の機能を持つようであった。長所は、不要な機能がなく低価格、バッテリーの持ちが良い。短所は、ルートのみの表示で地図は表示されない、フォントのデザインが悪く見にくそう。松永さんも地図付きのGPSを個人的に買おうかと思っている、と話されていたが、さて、どうされるのだろうか。
[PR]

by rk_tsukuba | 2017-12-03 21:01 | ローラー台、サイコン
2015年 10月 26日

グロータックGT-Rollerに似たローラー台

 フロントフォ-クで支持し後輪を固定しないタイプのローラー台は、グロータックのものが唯一無二であったが、似た製品が別メーカーから発表されている。

・グロータック GT-Roller Flex3 (約7.4万円)
 私の持っているのは初代機だが、もう3代目になっている。フロントフォークがグニグニ動く機構は踏襲されているが、後輪ローラーは1つが2つに増え、実走感が高まったそうだ。改めて他と比べると高いなあ。

・ミノウラ ハイブリッドローラー FG540 (約4.4万円)
 かなりグロータックのものと似ている気がする。ただ、フロントフォークはそれほど大きな自由度はないようだ。フロントフォークの台座が三脚式なので、見た目はグロータックのものとずいぶん違う。お値段をここまで下げてきたのはすばらしいと思う。負荷がステップで切り替えられるというのも、使用上○だと思う。ちょっと前から、マツナガの店舗2階でデモ中。

・フィードバック・スポーツ PORTABLE TRAINER (約5.5万円)
 これは前輪は完全固定で遊びがないようだ。かなり小さく折りたためるのはアドバンテージかも。

 競合製品が出てきたのは面白い。それだけインパクトがあったということなのだろう。
[PR]

by rk_tsukuba | 2015-10-26 00:07 | ローラー台、サイコン
2014年 09月 13日

PanoBikeセンサーをBluetooth接続でAndroidスマホのPanoBikeアプリで使う(3)


 次に、実際に、実走で試してみた。芸がないが、通勤ライドでの結果である。行きは、PanoBikeアプリの「速度/距離計算優先」という設定項目を、ローラー台と同じくセンサーにして実走、帰りはそれをGPSにして実走した。

 結果はさすが純正アプリ、センサー優先でも、GPS優先でも、ほぼ妥当な速度、距離、ケイデンスが表示された。

 ということで、かなり紆余曲折あったが、この件はこれにて一件落着。ただ、PanoBikeアプリは動作中にしゃべらないのが味気ない(実走中は関係ないが、ローラー台ではしゃべってくれると大いに励みになる)。また、結果のグラフ表示ができないのも残念である。グラフ表示についてはiPhone版ではできるようなので、Android版でもそのうち実装されるのを期待したい。あるいは、Runstatic Road Bikeがちゃんと距離や速度が計算できるようになると、いうことはないのだが。
a0317100_2249828.png

a0317100_22492231.png



[PR]

by rk_tsukuba | 2014-09-13 22:50 | ローラー台、サイコン
2014年 09月 07日

PanoBikeセンサーをBluetooth接続でAndroidスマホのPanoBikeアプリで使う(2)


 まずは、ローラー台で使用してみた。結果を一言で言うと、当たり前だがちゃんとセンサーを認識し、ちゃんと動作した。

 AndroidのPanoBikeアプリでは、設定の項目に「速度/距離計算優先」というのがあって、GPSかセンサーを選択できるようになっている。今回はローラー台での使用なのでセンサーを選択。あとは、そのままスタートさせて、速度、距離、時間、ケイデンス、がちゃんと表示された。その他の表示項目としては、心拍数、斜度、標高、などがある。

 走行中は当然それらはリアルタイム表示され、ログを残すこともできる。ログの項目としては、距離、走行時間、平均速度、最大速度、平均心拍数、最大心拍数、平均ケイデンス、最大ケイデンス、最低標高、最大標高、カロリー、であった。設定項目でGPSを選べば経路も地図に表示されると思われる。ただ、残念なことに、Ranstatic Road Bikeアプリでは可能なグラフ表示はできないようだ。また、サーバへデータをアップロードしたりする機能もないようである。

 平均速度については、Runstatic Road Bikeアプリではどうも実際よりかなり小さく出ているように感じていたが、PanoBikeアプリではおおむね正しいようであった。両方のアプリを同時に動作させてみたところ、PanoBikeアプリでは28.7 km/hと14.45 km、Runstatic Road Bikeアプリでは22.4 km/h と11.31 kmであった。速度も距離も0.78倍Ranstatic Road Bikeアプリの方が小さく出ている。この係数は、Runstatic Road Bikeアプリで実走した時に実際の距離より短く表示される走行距離の割合と一致している。やはり、Runstatic Road Bikeアプリでの平均速度と距離の数字は、間違っている可能性がますます濃くなった。

 アプリの安定性についてはRunstatic Road BikeアプリよりもPanoBikeアプリの方が不安定なようだった。PanoBikeアプリは、時々、異常終了していたのと、速度、ケイデンスの信号を拾えないのかゼロ表示になることが多かった。後者については、データ転送の問題もあるかも知れないが、表示させる時のデータの扱いの違いの可能性もあるので、どちらが優れているかは判断を控えたい。ただ、Runstatic Road Bikeアプリでは、時間ごと距離ごとにいろいろしゃべってくれるので、特に単調になりがちなローラー台では結構励みになる。速度・距離が小さめに出るのを了解の上で、ローラー台ではRunstatic Road Bikeアプリの方を使うようにするかも知れない。
a0317100_21371683.png

a0317100_21373239.png




[PR]

by rk_tsukuba | 2014-09-07 21:38 | ローラー台、サイコン
2014年 09月 06日

PanoBikeセンサーをBluetooth接続でAndroidスマホのPanoBikeアプリで使う(1)


 PanoBikeセンサーとRunstatic Road Bike アプリの組み合わせで悩んで問題が解決しないまま、問題点には目をつぶってとりあえずこれで使うか、と思っていた。ところでそう言えば純正アプリはどうなっているかと思ってGoooglePlayを覗いてみたら、なんと私のスマホ環境でもダウンロード・インストール可になっていた。

 しつこいようだが、環境をまとめると、
ケイデンス&スピードセンサー: Topeak PanoBike Bluetooth Smart Speed & Cadence Sensor
接続: Bluetooth
スマホ: LGのLGL22 (auのisai) Android OS 4.4.2
アプリ: Topeak PanoBike 2.2.8

 早速、インストールしてみたが、ログインするのにフェイスブックアカウントが必須。フェイスブックには全く興味はないが、仕方ないのでこのためだけにアカウントを作り、無事にアプリを起動することができた。さて、純正アプリでの使い勝手はどのようであろうか。

[PR]

by rk_tsukuba | 2014-09-06 21:37 | ローラー台、サイコン
2014年 09月 05日

PanoBikeセンサーをBluetooth接続でAndroidスマホのRunstatic Road Bike アプリで使う(3)


 現状を整理すると、
・センサーが生きている時には、速度および走行距離はGPS位置情報からではなく、速度センサーからの情報に基づいている。
・この時、センサーからのケイデンス情報は正しく拾っている。
・一方、速度情報は時点時点では正しく拾っているようだが、トータルの走行距離は明らかにおかしい(実際の7割くらいになっている)。

 これから想像されるのは、センサーとスマホの間の通信が断続しているのではないかということだ。例えば、次のようなことが起こってはいないだろうか。クランクが止まっている時には、ケイデンスがゼロになるのは当然だが、その時には速度情報もスマホの方に送られていないのではないだろうか。ケイデンスは、情報が送られなくなっても、ゼロとなるのが正しいわけで問題はない。一方、クランクが止まっている間に速度情報が送られないとすると、その間も自転車は進んでいるわけで、その分の距離が無くなってしまうことになる。

 この仮説にも穴があって、走行距離の減少が7割にも達しているというのが一つである。いくら何でも全走行時間(距離?)の3割もの間、クランクを停めているというのは考えにくい。ママチャリだとあり得ると思うが、自分は基本的にずっとクランクを回している派なので。

 この仮説のもう1つの穴として、ローラー台でも実走時と同様に平均速度が遅めに出ていると思われることである。ローラー台では基本的にクランクは回しっぱなしなので、クランクを停めた事によるデータの穴というのはほとんど無いはずである。なのに平均速度が遅めに出るというのは腑に落ちない。ただ、ローラー台の場合、ケイデンスとギア比から大体これくらいの速度、と見積もっているだけなので、その見積が甘い可能性はある。

 もう一つ奇妙な点として、GPS情報が取れずセンサーからの入力だけの時に、スマホ本体では速度のグラフ表示しかできず、サーバにアップロードしたデータではケイデンスのグラフ表示しかできない、というのがある。これについては、何の事やらさっぱり分からない。

 というわけで、残念ながら、私のアンドロイド端末(LGL22 (auのisai) Android OS 4.4.2)、Runstatic Road Bike Pro 2.0.1アプリ、PanoBikeセンサー、の組合せでは、ちゃんとした情報は取れないようである。ただ、ローラー台では、まあ、自分を励ます程度の目安程度でも役に立つので、数字は余り信用できないのを前提に使っていこうと思う。

[PR]

by rk_tsukuba | 2014-09-05 22:06 | ローラー台、サイコン
2014年 09月 05日

PanoBikeセンサーをBluetooth接続でAndroidスマホのRunstatic Road Bike アプリで使う(2)


 ローラー台で使った時、ちゃんと動作したように見える一方、どうも平均速度が実際よりも低いような気がした。一例として、平均ケイデンスは100くらいで、それは大体合っている。平均速度は30 km/h くらいではないかと思うのだが、表示では24 km/h。スマホで表示されるグラフはケイデンスはなく速度だけなのだが、おおよそ26-41 km/hの幅なので、やはり平均は32 km/h くらいのはず。一方、サーバにアップロードしたデータをPCで見ると、平均速度は24 km/h、平均ケイデンスは約100で、スマホでの値とあっている。PCでのグラフ表示では、なぜか速度はなくケイデンス(幅を見ると大体平均100くらいになる)しか表示されない。この時、室内のローラー台での計測なので、GPS位置情報は取得されていない。

 GPS情報がある時にはどうなるかと思って、通勤時にも記録を取ってみた。ところがこれが奇妙なことに、片道の距離はおおよそ 10 km くらいなのに、7 km 足らずと表示される。平均速度も17-18 km/h と表示され、前輪センサーのキャットアイでの平均速度25 km/h 前後と大きく違う。GPS位置情報はちゃんと取れているようで、通勤経路はおおよそ正しくトレースできている。さらに不思議なことに、スマホ本体およびPCでのグラフ表示で、速度もケイデンスも表示されそれらの値は大体合っている。しかしながら、トータルの平均速度が明らかに遅く、走行距離が明らかに短い。

 何かがおかしいと思って、センサーとの接続は切って、スマホ単体で屋外でGPSのみによる計測を行ってみた(当然ケイデンスは計測できない)。測定結果は、平均速度も走行距離もグラフ上での各時点における速度も、全て正しいと思われる値であった。

 何かがおかしい。

[PR]

by rk_tsukuba | 2014-09-05 22:03 | ローラー台、サイコン
2014年 09月 01日

ローラー台での騒音:タイヤを替えて


 アンカーRfx-8のタイヤを替えて、しばらく外を走ってワックスもゴムのバリも落ちたかと思い、半固定ローラー台(グロータック GTローラーフレックス)にセットして漕いでみた。今までのタイヤはパナレーサーRaceA (23c)、新しいタイヤはMavic イクシンオンプロ パワーリンク (25c)。

 空気圧は今までと同じ8 barくらいまで入れたが、予想外に感触が違った。換えたタイヤの方がかなり柔らかい感じがする。ローラー台で使うのなら今までの方がカチカチで良いように思った。柔らかく感じた分、変形が大きく温度上昇も激しいかと思ったが、意外なことにタイヤ自体は以前の方が熱くなっていた。これは23c, 25c の違いによるエアボリュームの差だろうか。

 あと、漕ぎ出してすぐ気がついたのが音が違うことである。ローラー台自体からは今までも今回もほとんど音も振動もないが、今まではタイヤとローラーの接触音が余り聞こえていなかったのが、タイヤを替えてはっきりと聞こえるようになった。高い周波数帯の音である。

 ローラーとの接触面は、どちらのタイヤもスリックであるのに、これだけ音に差が出るとはかなり予想外であった。

[PR]

by rk_tsukuba | 2014-09-01 22:02 | ローラー台、サイコン
2014年 07月 19日

PanoBikeセンサーをBluetooth接続でAndroidスマホのRunstatic Road Bike アプリで使う(1)

 前回接続に成功したPanoBikeセンサーとAndroidスマホだが、実際に、ローラー台でバイクを回してみてどうなるか見てみた。結果はOK。期待通りにケイデンスも速度も計測、表示された。ただ、スマホのリザルト画面では、スピード(ペース)、心拍数、高度、しかグラフ表示されない。一方、サイトのPC画面では、ケイデンスしかグラフ表示されない。何とも片手落ちの感がある。やはりまだAndroid 版は完成度が低いのだろうか。

 一定時間あるいは一定距離を経過するたびに、音が鳴ったりしゃべってくれるのは結構楽しい。ただ、まだ設定をどうすればどうなるかがよくわかっていない。今回は試しだったので、とりあえずスマホは近くの棚に置いたが、ちょっと距離もあって
見にくく声も聞こえにくかった。設置場所は考えないといけない。こうなってくると、次は心拍センサーが欲しくなってきた。けど、本当に必要か?
a0317100_165859.png

a0317100_1658050.png

[PR]

by rk_tsukuba | 2014-07-19 16:59 | ローラー台、サイコン