人気ブログランキング |

つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アンカー Rfx-8( 30 )


2017年 11月 19日

アンカーRfx-8への9000デュラエースの移植(3)

 ショップへは、プロジェクトMとアンカーRfx-8と両方同時に持ち込んで、最初にアンカーへのコンポの載せ替え作業が終了した。作業時に気の付かれたこととして、フロント変速機のブレードが少し膨らんでいたので修整をした、とのこと。どうも私は、フロント変速が下手、というか、フロントとリアの同時変速タイミングの取り方が悪いのだろう。プロジェクトMもアンカーRfx-8もフロント変速機のブレードを曲げて交換している。今度のプロジェクトMに載せる電動変速機ではモーターがドライブするので、多分そのような無理はしないだろう(と思いたい)。

 さて、コンポとハンドルの載せ替えのすんだアンカーRfx-8を持った瞬間、おお軽い。そら、それまでシマノR-500のてっちんホイールを履いていて、それがMavic R-SYSに変わるだけでも相当軽くなる。さらにコンポとハンドルでも軽くなっている。体重計で計ってみたら、ボトルケージやテールライトなどが付いた状態で、7.2 Kg だった。カタログデータが8.4 Kg で、その後、ホイール、シートピラー、サドルを変更した後が 7.9 Kg、そして今回のコンポを載せ替えで7.2 Kg。もちろん最軽量ではないが、いい感じ。

 今後、プロジェクトMとの乗り比べも楽しみだ。


by rk_tsukuba | 2017-11-19 00:01 | アンカー Rfx-8
2017年 11月 18日

アンカーRfx-8への9000デュラエースの移植(2)

 サドルについては、正直、まだ最適解にはたどり着いていない気がする。アンカーRfx-8に最初から付いてきたサドルは、比較的短距離短時間でお尻が痛くなったので、早々にフィジークのアリオネのトライアスロンモデルに変えた。相当改善されたが、長時間のライドでは前立腺のあたりが痛くなったので、プロジェクトM用には穴あきサドルの中からアスチュート Skyline VT を選んだ。これは結構あたりで、アンカーの載せ替え用サドルの第1候補にしていた。

 私の乗り方はどうもいろいろ問題があるみたいで、アリオネは金属レールだったにも関わらず、ライド中にサドルレールがポッキリと折れてしまった。また、アスチュートのサドルはプロジェクトMで2年乗ったら、左右不均一に変形してしまった。あと、これは仕方ないところなのだが、久しぶりに自転車ライドを再開してすぐは、サドルにどっかりとまたがってハンドル荷重をかけられていなかったせいでか、あっという間にお尻が痛くなっていた。

 で、アンカー用のサドルである。アリオネのサドルレールを折った後、元の出荷時のサドルを付けている。短距離ならこれでも問題ない。ただ、このサドルが合っていないことはわかっているので、同じアスチュートは芸がないし、アリオネのミゾ付きモデルかなあ、と思っていたら、松永さんからアリオネシリーズで面白い商品があるのでどうかと勧められた。

 それが、今回購入することになったArione R3 versus evoである。薄いプラスチックベースの上に、左右分離したパッドが乗っているという構造で、衝撃はベースがしなることで吸収するそうだ。コンセプトとしてはアスチュートと似ている気がする。実際手に取ると、ベース部は結構しなる。一方、パッド部はそれほど厚みはなく、ちょっと不安。見た目がちょっと面白いのと、実際に乗ってみないとわからないので、思い切ってこれを試すことにした。さあ、どうだろうか。


by rk_tsukuba | 2017-11-18 23:50 | アンカー Rfx-8
2017年 11月 17日

アンカーRfx-8への9000デュラエースの移植(1)

 プロジェクトMの前まではメインバイクだったアンカーRfx-8。購入してからもう7-8年になるので、とっくに廃盤となっている。後継機種はRL-8になるかと思われる。いずれにせよまだまだ走るバイクなのに、プロジェクトMがメインバイクとなった後は、不遇な状況である。しばらくは通勤用として活用していたが、最近は自転車通勤する状況になく、ローラー台マシンと化していた。

 あまりに不憫なので、何とか外に連れ出したいという思いもあって、今回プロジェクトMから取り外す9000デュラエースのコンポを移植して、再生を図りたいと考えた。現在のRfx-8のコンポは10速の5700105で、ホイールも10速のシマノWH-R500を履いている。そのあたりも含めて何とかしたい。

 具体的には、9000デュラエースのコンポを移植する。ホイールについては、これまた現在お休み状態のMavic R-SYSを復活させる。サドルはアンカー純正のお尻に合っていないものしかないので、これは新規購入する。そうすると、相当良いものができあがる。

 というわけで、アンカーRfx-8については、コンポの移植組み替えを松永さんに依頼し、サドルだけお尻に合いそうなものを新規に購入するようにした。


by rk_tsukuba | 2017-11-17 23:03 | アンカー Rfx-8
2016年 03月 28日

久しぶりにアンカーRfx-8でのライド


 すっかり通勤用バイクとなった(最近、バタバタしていてほぼ自動車通勤で自転車通勤すらできていないが)アンカーRfx-8であるが、前述のように、メインバイクのプロジェクトMのタイヤ交換に手間取り、そちらでは走れない期間が長かったので、週末に一回、アンカーRfx-8でライドに出かけた。

 一時はホイールをはじめとしていろいろパーツ変更をしたが、今はほとんどノーマルである。久しぶりに乗った感じは、以前と変わらず、
・重い感じ
・安定性がありすぎクイックな操作性がない
・振動がきつい。なのでちょっと距離が長めになると疲れる
・登り坂なるとでは比較にならないほど後ろに引っ張られる。まさに鉄下駄。
・風にあおられやすい
とにかく、ボーラワンを履いたプロジェクトMが、いかさまのように楽で軽い感じのするバイクかというのを再認識した。まあ、それでも数十キロくらいのライドでは致命的ではない。

 そんなことを感じながら、近所を走っていた。梅は終わり桜にはまだ早いが、桃(と思われる)花が満開できれいであった。まだ寒い日が続くが、春は確実にそこまで来ている。
a0317100_22343711.png




by rk_tsukuba | 2016-03-28 00:04 | アンカー Rfx-8
2015年 11月 29日

シートポストの修理


 アンカーRfx-8で使用していた、Fizikの旧タイプのカーボンシートポスト(シラノR1 カーボンシートポスト)であるが、先日ここで書いたようにサドル固定用のボルトが折れて、ショップに対応をお願いしていた。

 その後、松永さんから連絡を頂いた。ボルトだけの交換ではなく、ボルトを含むパーツ自体の交換で再使用可能。ただ、パーツ自体は以前と同じ仕様で強化対策品等ではない。一方、チェックしたらクランプの締め込みすぎでチューブに亀裂が入っている。この亀裂については、松永さんの方で内側にアルミパイプを入れて補強することで利用可能。

 結局、修理をお願いすることにして、無事完成品を受け取った。交換したパーツは色がグレイからシルバーに変更になると聞いていたが、まあ、どうせサドルの直下で見えないし気にしないことにする。亀裂については、外した時には気がつかなかったが、確かに見事にヒビが入っていた。

 松永さん曰く、補強したのでこれでしっかりクランプを締めても大丈夫。補強パイプも、カーボンチューブ全長ではなくクランプ部だけに、それもアルミでなくカーボンパイプを入れて頂いたようで、重量増も最小であろう。

 締めすぎによるカーボンチューブの破損は、本来は合っているサイズ同士の組み合わせでも微妙な誤差でサドルが下がる時などに起きやすいとお聞きした。その様な時にカーボン用のグリースを塗ることもあるが、今回これ以降は補強したのでしっかり締めても大丈夫とのことである。
a0317100_15583621.png

a0317100_1558316.png





by rk_tsukuba | 2015-11-29 16:13 | アンカー Rfx-8
2015年 11月 15日

シートポストのボルトが折れた


 久しぶりにアンカー Rfx-8 の話題であるが、表題通りさえた話ではない。完成車についていたシートポストを、Fizikのカーボンの旧タイプのもの(シラノR1 カーボンシートポスト)に換えて使ってきた。最近、新しいシラノ00カーボンシートポスト(コックピットシリーズ)が出たので、今となっては古い商品となってしまった。Rfx-8 を通勤兼ローラー台用のバイクとしてからも、シートポストはプロジェクトMでは内径が合わず使えないので、そのままRfx-8で使っていた。

 ここのところ毎週末雨でバイクに乗れないので、これではイカンと思ってRfx-8をローラー台にセットして10分も漕いだら、バキンという大音響と共にサドルがグラグラになった。また、サドルレールでも折れたかと思ってチェックすると、シートポストのサドルを固定するボルトが破断していた。

 今回のボルトの破断といい、以前のサドルレールの破断といい、後輪タイヤの摩耗の早さといい、どうも私は後ろにかなりの荷重をかけているようだ。それが原因でこのような事象が発生するのだろう。

 とりあえず、修理が可能かどうか、ショップに持って行って預かって貰ったが、ボルトは特殊な形状をしているし、さてどうなることか。ちなみに、Rfx-8 には以前使っていた元のアルミのシートポストを取り付けた。これでいろいろパーツをいじったRfx-8は,ほぼ購入時の状態に戻ってしまった。
a0317100_22514488.png




by rk_tsukuba | 2015-11-15 14:50 | アンカー Rfx-8
2015年 02月 28日

アンカーRfx-8での冬の自転車通勤ライド

 この秋から冬にかけて、Rfx-8での通勤がほとんどできなかった。理由はいろいろあるが、仕事が忙しくて時間と気持ちに余裕がなかったこと、雨天の時は乗らないのはもちろん路面が濡れている時も基本は乗らないことにしておりなかなか路面が乾いた状況が少なかったこと、寒くなるとどうしても億劫になること、職場の駐輪環境が悪化したこと、など、複数の要因がある。

 先日久しぶりに通勤ライドをしたが、冬期なのでシューズはシューズカバーをした状態である。クロスバイクの時はフラットペダルだったので普通の靴でよかったが、Rfx-8を通勤メインにする時に悩んだ末ペダルはSPD-SLのままとしたので、シューズは同じ一足の使い回しである。通勤ライドとはいえ、ペダルから足が離れないのは安心ではあるが、シューズカバーは面倒と言えば面倒である。

 夏は夏で職場に着くと汗びっしょりなので着替えが必須だが、冬も自転車ウェアを着て通勤ライドするわけではないので、着るものの調節は難しい。普通に外出する格好では速攻で汗だらけになるので、やや軽装にするのだが、それだと出発時は寒く到着時には暑くて結構汗をかく。専用ウェアを着れば快適なのだろうが、さすがに着替えを一式持参する気にはならず、まあある程度は仕方ないとあきらめている。それでも下着だけは替えを持参して、到着後替えている。夏は元々軽装なので、着替えの分量も少なく持参することが可能だが。

 せめて週に一度通勤ライドができれば、体の調子が良いのだが、仕事任せ天気任せで、なかなか実現できないのは残念である。


by rk_tsukuba | 2015-02-28 23:46 | アンカー Rfx-8
2015年 02月 08日

雨の合間のSRM (Sunday Ride Meeting)


 今日は、朝起きると雨こそ降っていないものの地面は濡れており、天気予報も芳しくなく、自転車に乗ってライドに出かけるかどうか悩ましい状況であった。自分一人ではとてもライドに出かけないと思ったが、毎週日曜日にはショップ主催のライドイベントがあるので、それがあるなら参加しようか、けどこの天気具合じゃやらないだろうなあ、などと思いつつグズグズしていた。

 ライドイベントが中止の際はショップのホームページに情報が載るので、それをチェックしつつ、天気予報もチェックしつつ、どうしようかと思っていたが、結局中止のアナウンスはなかった。自分一人ではとても自転車に乗る気分にならなかったように思うが、皆で走るならと思って、思い切って出かけると、なんと本日開催であった。

 さすがに参加者は少なく、2コース合わせて4名。引率者が松永さんと藤下さんの総勢6名。途中までは一緒に6名でのライドとなった。こんな少人数は久しぶりだが、これくらいコンパクトの方が走りやすくはある。

 天気は全然信用できなかったので、プロジェクトMは止めて、アンカーRfx-8にリアフェンダーを装着して出かけた。Rfx-8でライドに出るのは本当に久しぶりである。プロジェクトMに比べると、反応はもっさりしてるし、ブレーキの効きも悪いし、変速もまあこんなもん、という感じではあるが、25cタイヤの効果もあってか、まったりと走るにはこれでも十分という感じであった。

 11時過ぎにはショップに帰ってきて、その間、全く雨は降らずに済んだのは大変有り難かった。夏はともかく、この季節雨に当たったら風邪を引くようなもんである。家に帰って昼食を食べる頃にはまた雨が降ってきて、本当にすごいタイミングであった。

 ヘルメットであるが、さすがに新品を水没させたくなかったので、今日は古いGIROのIONOSをかぶっていった。


by rk_tsukuba | 2015-02-08 23:37 | アンカー Rfx-8
2014年 06月 08日

通勤用バイクのアンカーRfx-8の掃除


 プロジェクトMの掃除をした流れで、アンカーRfx-8の掃除もした。こちらはここのところ往復20 kmの通勤でしか使っておらず、それも週に1回くらいなので、全然距離は乗っていない。なので、そんなに汚れていないかと思っていたが、実際によく見てみると、逆にプロジェクトMより汚れていた。プロジェクトMは距離も乗るが、ライド後に必ず軽くでもチェーンとフレームを拭くくらいはしている。一方、Rfx-8の方は、乗りっぱなしだったので、如実にその差が出てしまったようだ。

 本来ならまだチェーンオイルを差す距離ではないが、見ると結構汚れていたので、チェーンを洗ってオイルを差した。フレーム、ホイール、タイヤも掃除して、ローラー台にセットした。梅雨入りもしたので、Rfx-8でしばらく通勤はできないだろうし、セットしたローラー台で少しくらい体を動かすようにしたい。とりあえず、40分くらい回した。冬よりもなお一段と汗との戦いである。


by rk_tsukuba | 2014-06-08 17:25 | アンカー Rfx-8
2014年 04月 26日

ロードバイクでの通勤ライド


 何度かRfx-8での通勤ライドをして気のついたことなどを。

 ロードバイクでの通勤ライドを始める前には、フラットペダルに変えないと駄目かと思って検討もしたが、結局、フラペにするかSPDにするか決めきれず、また予算の問題もあってSPD-SLのまま通勤ライドをしている。結果的には全然問題はなく、逆にペダルから足が離れないのが快適である。通勤路はどうしても凸凹の多い路面で、今までクロスバイクのフラットペダルでは、大きな振動がある時に足が離れて怖い思いをすることがあった。ビンディングにしてからは当然そのようなことがないのだが、それは予想以上に安心につながっている。

 5700 105と9000デュラエースのペダルでは、両方ともバネを最弱にしているのだが、105の方が相当緩い。まあこれは使い込んだ期間の差があるのかもしれないが。デュラエースのペダルを初めて使った時は、その硬さにかなり違和感があったが、今となっては気にならない。というか105の緩さが頼りなく感じられるようになった。実際にはシューズが外れるようなことはないのだが、もう少し強くしても良いかもしれない。

 あと、通勤ライドで気になっているのは、振動の多さによる影響である。具体的には薄手のグローブだと痛いほど手がしびれてくるし、長期的にはホイールやフレームへのダメージもありそうな気がする。段差でのスピードをもう少し落とした方が良いのかもしれない。タイヤを25cに替えたらあたりはもう少しマイルドになるとは思うが。やはりタイヤは早めに替えるべきか。。。


by rk_tsukuba | 2014-04-26 21:38 | アンカー Rfx-8