つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 24日

チェーン?変速機?トラブル?


 家を出て比較的すぐに、チェーンを噛み込んでしまった。ここのところ、ドライブ回りは異音などの問題もなく、変則スプロケットもこちらの扱いが慣れてきたせいか以前ほど気にならなくなり、調子良く乗っていた。調子に乗りすぎて、フロント変速とリア変速の時間差を極小にしたのが原因と思うが、チェーンの噛み込みが発生である。

 以前に、アンカーRfx-8で同様の事をやっており、その時は前後同時変速をしてチェーンが暴れて噛み込んで、フロント変速機のブレードを曲げて交換となった。その時、前後同時変速はしないようにと、松永さんから言われていたが、今回結局同様の事をして同様の結果となった。なので、トラブルというか、変速操作ミスである。

 あーあ、と思って、噛み込んだチェーンを戻そうとしてよく見るとちゃんと戻らない。何と、リア変速機のプーリーのピンの外側にチェーンが出てしまっている。出たものは戻るはずだと思って、現場でしばらく悩んだが、どう考えても戻りそうにない。もうこれは素人の手に負えないと思って、そこからとトボトボと近くの自転車屋さんまで歩いて押していった。走ると近いのだが、歩くと想像以上に時間がかかった。

 その自転車ショップもスポーツバイクを扱う店なのだが、店の人もこんなの初めて見る、と言って、結局プーリーを外してチェーンを納めた。

 これでやっと自走できるようになったので、家に戻ってよく見ると、右クランクの内側に擦り傷ができていた。原因は、フロント変速機のブレードが外側に変形し、それがクランクと擦れていた。それだけ変形しても、実はフロント変速はちゃんとできていたので、気がつくのが遅れた。

 これは駄目だと思ってショップの松永さんに見て貰うと、やはりフロント変速機の交換が必要とのこと。予想はしていたが、想定外の大出費である。在庫がないので、応急的に膨らんだ部分を工具で曲げて矯正して頂いた。ちなみに、はみ出したチェーンの写真を見て貰うと、なぜこうなったのか、松永さんも首をひねっていた。まあ、リア変速機がもげたり、ホイールまで巻き込まなかっただけ良かったと思いましょうと慰められた。

 派手にチェーンが暴れたせいで、チェーンステーにも傷がついてしまって、出費予定と合わせて本当にさんざんである。

a0317100_2172091.png

[PR]

by rk_tsukuba | 2015-10-24 21:09 | Project Mに乗って


<< チューブラータイヤでのサドルバ...      後輪の次のチューブラータイヤ >>