つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 05日

期せずしてタイヤ交換


 クイックシャフトを換えて喜んでいたら、作業中に後輪タイヤに傷を見つけてしまった。前からあったトレッド横の貫通パンク(サイドカットの境界くらい。傷はそれなりにあるもののカーカスは見えずタイヤも膨らんでいない:最初の写真)に加えて、タイヤサイドに新たな傷が(2番目の写真)。たちが悪いことに下地も見えてきて膨らみも感じられる。念のために松永さんにも見て貰ったが、「やはり厳しいですねー」「やっぱりそうですよね-」。ということで、店の在庫の中から物色することに。結局、後輪は1700 km 弱しか走行せずに交換という、今までの最短記録となってしまった。
a0317100_22401097.png

a0317100_22424448.png


 当初予定では、3-4000 km くらいまでは使って、前後輪一緒に別のブランドのタイヤにして乗り味の違いを楽しむ予定であったが、さてどうしよう。Mavic の同じもの(イクシオン パワーリンクプロのホワイトラベル)があれば、それにしようと思ったが、残念ながら店頭在庫は無し。で、ミシュランのプロ4は次回に前後揃って変えることにして(とは言っても予定はどうなるか分からないが)、今回はブリジストンのRR1HGにすることにした。さて、履き替えての乗り味はどうだろうか? まずは、タイヤを交換しなくては。

 クイックシャフトなぞよりも、傷ついたタイヤを交換する方がはるかに切実なわけで、こんな事ならクイックシャフトの購入は先延ばしで良かったと思うが後の祭り。タイヤは命を乗せて走っているので、そこでケチって、大きな事故などにつながったら何をしているか分からない。けど、今回のタイヤ傷はショックだったな-。さすがにもう少し距離を走ってから交換したかった。

[PR]

by rk_tsukuba | 2014-05-05 00:08 | タイヤ


<< タイヤ取り付け      軽量クイックシャフトへの交換 >>