つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 04日

プロジェクトMでの初ロングライド


 連休ということで時間に余裕があること、暖かくなってきて4月は多少乗り込めて自分の体力に少しは自信が出てきたこと、などからおそるおそるロングライドに臨んできた。と言っても、まだまだ自信がないので、片道 100 km(行ききったら泣いても帰ってこないといけない)という経路設定ではなく、ある程度どこからでもショートカットできるような経路とした。具体的には、小野川沿いに稲敷市新利根庁舎を経て利根川に出て、常総大橋を渡って対岸へ行き、少し戻って手賀沼を経由して、新川花見川から千葉海岸まで。そこから新川花見川を戻って、千葉ニュータウンから布佐駅をかすめて栄橋で利根川を渡る。そこから利根川小貝川を逆上ってつくばに至る、という経路である。まあ、ほとんどフラットな楽々コースではあるが。

 結局総延長は 200 km を超えた。今まで150 km くらいのライドは何度かこなしてきたが、200 km は一つの山である。個人的には、70-80 km くらいまでは、気軽にふらっと走れる距離で、110-120 km くらいになるとしっかり走ったな、という感じ。150-160 km くらいはそれなりに時間もかかるので、前日から明日は走るぞ、と決めておかないといけない。そこから先200 km 超となると、時間、天候、体調、気分、のどれもが整ってないと、なかなかできない。つくばからだと、銚子が200 kmで、日光までだと220 kmくらいになる。銚子は2度ほど行ったことがあるが、日光は途中で時間切れで引き返すばかりでまだ到達したことはない。

 自分としては160 km (センチュリーライド)はロングライドだと思っているが、対外的にはやはり 200 km からかな、などと思っている。実際、160 km と 200 km では大きな壁があるし、ブルベも最短距離が 200 km だし。

 今回は、朝7時過ぎに出発して、到着したのが午後4時過ぎ。約9時間で205 km ほど走ったことになる。実走時間は8時間で、走行時の平均速度は 25 km/h を超えた。もちろんもっと速い人はいくらもいるだろうが、自分としてはなかなか良い感じで走れた。さすがにバテたけれども、ニューバイクは今まで以上に良い感じで反応を返してくれる。何がどうというのを説明するのは難しいが、これからも自転車遊びを楽しむのに良い相棒を手に入れることができたと思う。

 ちなみに、風は方向によりそれなりにあった。場所により鯉のぼりが良く泳いでいたところもあったし、千葉海岸では連凧を揚げている人がいた。少しお話を聞くと、連凧の最適風速は3-5 m/sec だそうで、この日の風はなかなか良かったそうだ。60-80枚くらいの連凧で、見事であった。
a0317100_0242782.png



[PR]

by rk_tsukuba | 2014-05-04 00:24 | Project Mに乗って


<< 軽量クイックシャフトへの交換      三浦恭資さん語録:その2 >>