つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 26日

ロードバイクでの通勤ライド


 何度かRfx-8での通勤ライドをして気のついたことなどを。

 ロードバイクでの通勤ライドを始める前には、フラットペダルに変えないと駄目かと思って検討もしたが、結局、フラペにするかSPDにするか決めきれず、また予算の問題もあってSPD-SLのまま通勤ライドをしている。結果的には全然問題はなく、逆にペダルから足が離れないのが快適である。通勤路はどうしても凸凹の多い路面で、今までクロスバイクのフラットペダルでは、大きな振動がある時に足が離れて怖い思いをすることがあった。ビンディングにしてからは当然そのようなことがないのだが、それは予想以上に安心につながっている。

 5700 105と9000デュラエースのペダルでは、両方ともバネを最弱にしているのだが、105の方が相当緩い。まあこれは使い込んだ期間の差があるのかもしれないが。デュラエースのペダルを初めて使った時は、その硬さにかなり違和感があったが、今となっては気にならない。というか105の緩さが頼りなく感じられるようになった。実際にはシューズが外れるようなことはないのだが、もう少し強くしても良いかもしれない。

 あと、通勤ライドで気になっているのは、振動の多さによる影響である。具体的には薄手のグローブだと痛いほど手がしびれてくるし、長期的にはホイールやフレームへのダメージもありそうな気がする。段差でのスピードをもう少し落とした方が良いのかもしれない。タイヤを25cに替えたらあたりはもう少しマイルドになるとは思うが。やはりタイヤは早めに替えるべきか。。。

[PR]

by rk_tsukuba | 2014-04-26 21:38 | アンカー Rfx-8


<< プロジェクトMインプレ(4):...      オーバーホール後のRfx-8 >>