つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 25日

オーバーホール後のRfx-8


 オーバーホールから帰ってきたRfx-8であるが、季候が良いので当面は通勤用にするつもりで、ローラー台にはセットしなかった。仕事や天気を見ながら今週中に何とか通勤ライドをすることができたが、やはり生き返って戻ってきた。BB、ハブ、チェーン、等が、それぞれ、新品、グリスアップ、清掃されたので、総体として駆動系がすごくスムースになった。本当に軽い。やっぱり手を入れて貰うと違うな-。とは言っても、プロジェクトM+9000デュラエースとは、明確に違うが。もっとも、違っていて当然で、もし同じなら大ショックである。

 ブレーキと変速のケーブルは6800アルテグラにして貰ったが、ポリマーコートのおかげか、引きは確実に軽くなった。ただまあ、変速性能が良くなったかというと、それは変わりようはない。フロント変速機は相変わらず「よっこいしょ」という感じではあるが、引きが軽くなった分、それが少し楽になったかな。ブレーキも引きは軽くなったが、効きは変わらない。これについても9000デュラエースが圧倒的である。ブレーキシューは7900デュラエースのがついているので、ブレーキアーチの差なのだろうか。

 オーバーホール後は気温も上がったので、通勤時のグローブもフルフィンガーから指切りに変えた。今まで使っていた通勤用の指切りグローブはクロスバイクで使っていたものだが、それをそのまま使うとパットがほとんど無くて手が痛い。これでは、通勤で短距離とはいえ耐えられないので、パッドが入ったライド用のグローブにする必要がある。実際、通勤路の路面状況は遊びライドよりもはるかに悪く凸凹があるので、当然といえば当然かも知れない。

 あとは、そろそろ寿命のタイヤをいつ、何に替えるかだな。本当はローラー台用にケイデンス計付きの(できれば心拍計もついた)サイコンが欲しい。けど予算が。。。

[PR]

by rk_tsukuba | 2014-04-25 22:30 | アンカー Rfx-8


<< ロードバイクでの通勤ライド      アンカーRfx-8のオーバーホール >>