つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 13日

アンカーRfx-8のオーバーホール

 プロジェクトMの初回点検と入れ違いに、Rfx-8のオーバーホールをお願い中である。以前に色々悩んだりもしたが、結局すごくオーソドックスな内容となった。ただ、今後距離は伸びないだろうから、次回オーバーホールは2年後を前提として、手を入れるべきところはこの際手を入れて頂くことにした。

・ワイヤー関係はインナーもアウターも交換。グレードは6800アルテグラ。ポリマーコートされているので、9000デュラエースほどではないが、引きが軽くなるとのことだったので。インナーケーブル末端部の表面を剥けば問題なく使用できるとのこと。
・ヘッドグリスアップ
・BB交換。これはオーバースペックと思いながら、9000デュラエース。5700 105から7900デュラエースに変えた時は正直差が分からなかったが、9000デュラエースに変えた時は、はっきりと軽くなったのが分かったので。
・ホイール前後ハブグリスアップ。
・バーテープ交換

 ブレーキゴム、ブラケットカバー、については、もう少し持ちそうなので、必要になった時に交換することになった。チェーンも距離的にまだ大丈夫である。

 通勤用バイクにすることを考えていた時に、タイヤをどうしようか、ペダルをどうしようか悩んでいたが、結局それには手を付けず。タイヤは、多分次は25cにするだろうけど、今のタイヤをもう少し持たそう。チューブレス化は費用がかかるので当面見送りかな。ペダルはSPD-SLのまま何回か通勤ライドして、案外問題なかったので、そのままで良いかと。23cの細いタイヤでの通勤ライドも経路に段差が多いので心配していたが案外大丈夫なので、当面タイヤはこのままで良いかと思った次第である。もっとも、25cの方が安心感があるのは確かなので、次は25cにするつもりである。無理に28cを検討までしなくても良いというふうには思っている。

[PR]

by rk_tsukuba | 2014-04-13 00:12 | アンカー Rfx-8


<< オーバーホール後のRfx-8      プロジェクトMの初回点検 >>