つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 09日

プロジェクトM実走 vs アンカーRfx-8ローラー台


 この週末は久しぶりに晴れたので、プロジェクトMに乗ってライドに出かけたることができた。晴れたのは良いのだが、3月とは思えない位寒く、ウェアは真冬装備がちょうど良いという気温の低さであった。また、それなりに風が強いのには閉口した。

 何はともあれ、ローラー台でのRfx-8と比べ、プロジェクトMに乗った瞬間、余りの気持ちよさの違いに感動した。最初のインプレの繰り返しになるが、全てが上質。クランクを回し始めた時の反応、路面から伝わってくる感触、チェーンが走る感触、全てが違いすぎる。本当に気持ちよかった。まあ、Rfx-8はそろそろオーバーホールをせねばならない時期だし、プロジェクトMはまだおろしたてだし、ちょっとこの状態で比べるのはRfx-8がかわいそうな気もするが。

 体力(走力)はまだまだで、土曜日は風が強いのもあって、地を這うような速度で3時間ちょっとライドをして終了。日曜日は風がややましであったので、久しぶりに120 km程走った。ローラー台だと1時間が長いが、実走だとあっという間である。花粉が飛びまくっているのを除けば外を走るのは本当に気持ちいい。寒さと花粉で鼻水が止まらないのには困ったものである。実走の場合、走ったら帰りが向かい風だろうが何だろうが、同じ距離を走らないと帰宅できないという強制感がある。ローラー台の場合、辛くなるといつでも止めてしまえるという甘えが許容されている。ローラー台で40 km 走るのは結構しんどいが、実走だとあっという間。上手くローラー台を使って、実走をより楽しめるようになりたい。

 プロジェクトMのサドル高さがなかなかぴったりとこず、調整中であるが、これこそローラー台で調整すればいいかもしれない。

[PR]

by rk_tsukuba | 2014-03-09 22:29 | Project Mに乗って


<< PD-9000とPD-5700...      グロータックのローラー台(5)... >>