つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 08日

グロータックのローラー台(5)、インプレ

 機種選定の最大のポイントであった、振動と騒音がほぼ問題なさそうであったのに安心し、肝心のインプレを忘れていた。3本ローラーには乗ったことがないし、固定ローラーも余り経験がないので参考にならないかも知れない。既存の固定ローラーとはずいぶん違う乗り心地である。倒れないが、倒れるような感じがする。話によると、基本的には倒れないのだが、無理無理に倒すとやはり倒れることはあるそうだ。ダンシングが出来るとあるが、それについては実際とはかなり違う感触である。確かにフロントフォークはグニグニと前後左右に動くが、それが実際のバイクの挙動かというとずいぶん違う。ただ、他の固定ローラーと違って、ダンシングをしてもバイク自体に無理なストレスがかからないので、それは安心できる。

 普通にシッティングでのペダリングでは、やはり後輪が固定されていないので、既存の固定ローラー台の不自然さはずいぶんと軽減されている。乱暴なペダリングをすればやはり後輪は左右に大きく乱れる。私自身のペダリングが下手なせいか、かなり気を遣っても多少は左右に移動する。新型の2本ローラータイプでは後輪の左右移動が少なくなるとあったので、ローラー台自体の限界があるのかも知れない。シッティングで意外だったのが、フロントフォークが思いのほか前後に動くことだ。これは良いのか悪いのか分からない。

 負荷は無段階調整なのは良いと思っていたが、実際には負荷調節レバーの位置がおおよそでしか分からず、段階式の方が良いかもと思っている。無負荷だと余りに楽なので、5-10分位アップした後、最大値の20-30% 位の負荷をかけて回してみている。それで、ケイデンス90-100、速度25-26 km/h 位が、比較的無理なく回し続けられる感じである。と思っていたら、短い休憩を入れながらであるが1時間以上回すとふくらはぎが攣ってしまった。今までライド中で攣りそうになったことはあったが実際に攣ったことはないので、やはりずいぶん実走とは違う。ローラー台では負荷の変動はないし、実走のように赤信号で止まることも、カーブで減速することもない。ひたすら一定負荷でクランクを回し続けるというのは、予想以上に筋肉に負担をかけるようだ。

 購入後、何度か使用したが、少なくとも私の環境ではタイヤ滓はほとんど(全く)出ないようだ。ショップ店員で同じローラー台を使用している阿部さんもタイヤ滓は出ないと言われていたので、振動騒音だけでなく、この点についても問題ないようである。

[PR]

by rk_tsukuba | 2014-03-08 22:52 | ローラー台、サイコン


<< プロジェクトM実走 vs アン...      グロータックのローラー台(4)... >>