つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 01日

グロータックのローラー台(1)

 1月から2月にかけて、週末ごとに天気が崩れ、あるいは残雪で路面状況が悪く、あるいは曇天で外に出る気にならず、などなどの理由でライドに出かけられない(出かけない)事が多かった。正月以来ちょっとカロリー摂取が多めで、ウェイトはだんだんと増量中である。とどめは、先日の久しぶりの長めのライドで、たった 140 km なのにあり得ないぐらいへばってしまった。原因は乗り込みの少なさと体重の増加であろう。

 ライドできない時は体がうずく感じがすることもあり、乗れないたびにローラー台の購入を考えていた。ペタリングスキルを身につけるなら3本ローラー、負荷トレーニングを行うなら固定ローラー。ただし、3本ローラーは音振動ともかなりあって集合住宅ではまず無理。固定ローラーも音振動に関してはいろいろあるようだが、大体高額機ほど静かな傾向のようだ。段違いで静かなのはサイクルオプスのスプロケット直結のローラー台(サイレンサーダイレクトドライブ マグ)。ただ、こいつは金額(90,300円)も重量(17.6 kg)も半端でない。エリートも同様の機構のもの(Turbo Muin, 81,585円、18 kg)を出しているが、他機種に比べてそれほど静音性が高いわけではないようだ。

 マツナガではスタッフの阿部さんがローラー台に詳しく、サイクルオプスでどのローラー台が静かかなどについても色々教えて頂いた。そんな中で、集合住宅でも使える低振動低騒音のものは、と聞いて候補にあがったのが、サイクルオプスのサイレンサーダイレクトドライブ マグ、スーパーマグニートプロ VER2、そしてグロータックの GT-Roller Flex。グロータックのローラー台は、以前にショップでデモ体験したことがあって、結構面白そうと思っていた。前輪は外してフロントフォークを前後左右に多少自由度のある台座に固定する。後輪は固定せず1本のローラーの上に載せるだけ。負荷は磁気方式で段階は自由に調節できる。という、なかなかユニークなものである。阿部さんも自宅で使用中で、個人的にはすごく気に入っており、音振動についても今まで使用してきたものの中では一番小さいとのことであった。

 購入の検討を始めてから実際の購入に至るまで結構長いこと悩んでいた。悩んでいた点は、価格が高い(定価65,000円)、狭い家での設置場所、振動騒音が本当に大丈夫か、新型が出ているのにショップ在庫は旧型であること、本当に飽きずに活用できるか、などなどである。設置場所については、玄関に置いてある自転車のスペースにそのまま設置し自転車はローラー台に載せたままにすれば何とかなる。旧製品であることについては、メーカーでは新型は即売状態で在庫は無いこと、旧製品ということで多少の値引きがあること、4月になると消費税が上がること、旧製品の方が新型よりもやや騒音が小さいこと、などから最終的に購入を決意した。
[PR]

by rk_tsukuba | 2014-03-01 19:07 | ローラー台、サイコン


<< グロータックのローラー台(2)      アスチュートのサドルのインプレ >>