つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 01日

その他のパーツの準備状況


 サドル以外で未決定だったのはバーテープで、これは芸がないが今使用中のものと同じもの(バイクリボンのスプーナの白)にすることにした。ブレーキケーブル、シフトケーブルのケーブルアウターの色は、ブラックをお願いしたが、元々のパーツに付属のものがブラックだそうで、これについては全く問題なし。

 さんざん悩んだカーボンハンドルバーのイーストン EC90 SLX3 は現物が届いていたので見せて貰った。バーテープで隠れる部分が意味なく派手な朱色である。入手はギリギリだったそうで幸運にも確保できたが、下手をしたら輸入元に次回入荷するまで手に入らないかも知れなかったと言われていた。実物は思った以上にリーチが短く感じられたが、ブラケットを付けるとまた変わった感じになるだろう。ドロップ部の端が長すぎれば切り詰めるのをお願いしようと思っていたが、現在乗っている Rfx-8 のハンドルバーと比べてほぼ同じだったので、細工はお願いしないことにした。今のハンドルバーは端を15 mm か 20 mm くらいカットして貰った後なので、イーストンのこのハンドルバーが短めということになる。

 クリスキングのヘッドセットは、以前に書いたように12月に納入予定でまだ手元にはきていないそうだ。パーツも着々と揃ってきて、本当にいよいよという感じである。

 今回、カーボンパーツが多いので、トルクレンチを自分で揃えた方が良いかどうか松永さんに相談してみた。自分でかなりの整備をされるのなら必要かも知れないが、私の場合はなくても良いのではという感じだった。本来、機械いじりは好きな方だが、今の状況では自転車整備を自分でしてると、ライドの時間がなくなってしまいそうである。整備もほとんどしたことがないので、スキルアップにも時間がかかるだろうし。頻繁にいじる可能性があるのはサドル周りとハンドル周りだけだろうし。また、トルクレンチの場合、定期的に校正しないといけないので、その分手間も費用もかかる。私の場合は、マツナガが本当に近くにあるので、工賃を払っても工具の購入と手間を考えると、ショップにお任せするのが良いのではないか、ということでトルクレンチの導入は見送ることにした。同様の理由でスプロケット外しすら持っていない。実際、今までに使う必要があったのは今回を入れても2回だけだし。

[PR]

by rk_tsukuba | 2013-12-01 23:41 | Project Mの発注から納車


<< Rfx-8 からの R-SYS...      サドルは新製品に変更 >>