つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 01日

サドルは新製品に変更


 サドルについては、松永さんの助言でサンマルコのアスピデ トライアスロンに決めていたが、色をどうするかは塗装などのフレームデザイン決定後に持ち越しとしていた(と言っても、このサドルは白か黒しかないのだが)。そろそろどちらかに決める必要があるとの連絡を頂いたが、その直前に気になるサドルを見つけてしまった。

 阿部さんに勧めて頂いて、新しいタイプのローラー台を試させて頂いた時、それにつけたサドルも新しいものでとても良いと思うので是非感じて下さい、と言われたのが存外良かった。イタリア製の新製品だそうで、見た目薄い割に、実際座るとかなりソフトでペタリングもしやすい。短時間ではあるが、結構良い印象を持った。アスピデ トライアスロンが、前後方向にかなりカーブしていて着座位置が限定されそうなところが結構不安だったが、こいつはそれほど湾曲がきつくないので何となく安心できる感じがした。何より、見た目のデザインがすごく気に入った。

 とは言っても、優先すべきはデザインよりもお尻が痛くならないことなので、そのあたりの助言を頂きたく松永さんに相談した。両方ともショップに実物があるので、それを見比べ触りながら色々とお話をさせて頂いたところ、アスピデよりも薄いがかなり柔らかいので案外良いかもしれない、サドル先端部がアスピデよりも狭いのは私のペタリングに合うかも知れない、とのことであった。それで思い切って、この新しいサドルを試してみることにした。ああ、また予算が膨らんでしまった。

 イタリアでも新興のメーカーで、日本でもついこの間輸入が始まったばかりなのだが、ASTVTE(これで、アスチュート、と読む)というメーカーのサドルである。SKYCARB, SKYLITE, SKYLINE の3グレードがあり、順に価格が高く重量は軽い。上位2グレードはカーボンレールでショックアブソーバがついている。最上位グレードはカーボンシェルで最軽量だがお値段も5万円超と、ちょっと手が出ない金額である。最初に阿部さんと話した時には、ショックアブソーバ付きのミドルグレードが機能面と現実的な価格という点でお勧めではないか、ということであった。ショックアブソーバは魅力だが、カーボンレールというのが、先日金属製のサドルレールを折ってしまったばかりの私としては不安であった。

 そのあたりを松永さんにお聞きしたところ、確かにショックアブソーバは面白いと思うし、何よりカーボンレールはアリオネなどで金属とカーボンのサドルレールの比較をするとカーボンの方が振動吸収が良いという実績がある。ただ、確かに私の場合、金属レールを折ってしまっているので不安に感じられるのも分かります、ということで、色々悩んだ。結局、新規商品で耐久性などの実績は不明だし、このサドルが私に合うかどうかも分からないので、まずは普及価格帯の方が無難だろうということで、3グレード中最安価のSKYLINEにすることにした。それの穴あきモデルのSKYLINE-VTである。色はいろいろあるが、カタログを見てやはりこれが一番良いと私と松永さんの意見の一致した、ブラック-シルバー-レッドモデル。これはショップに在庫があったのですんなりと確保できた。デザインはすごく気に入ったが、さて実際の乗り味はいかがだろうか?
a0317100_040753.png




[PR]

by rk_tsukuba | 2013-12-01 00:41 | Project Mの発注から納車


<< その他のパーツの準備状況      塗装前のフレームとの対面 >>