つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 30日

塗装前のフレームとの対面


 松永さんにお願いして、塗装屋さんに送る日程をずらして貰って、待望の完成したフレームを拝見させて貰った。小物(ボトルケージ用のネジ穴とシートチューブ末端処理)の接着も終わり、全てが磨き上げられて美しいオーラを放っている。手に取ってみると決して軽くはない。しかし、予想以上にしっかりとした頑丈さが手にしただけでも伝わってくる。松永さん本人も「質実剛健」と言われたが、全くその通りと感じた。これにこれからパーツがついて完成車になるかと思うと、どんな乗り味になるか本当にワクワクする。
a0317100_22474980.png

a0317100_22474273.png


 ボトルケージ用のネジ穴は、リベット打ち工具を使ってあらかじめカーボンチューブに開けておいた穴にネジ穴用の金具を固定するそうだ。工具によって、カーボンチューブの内側でリベットの頭がつぶれると同時に接着剤が出て固定されるという。その台座はステンレスの金具で補強してある。マスプロのアルミフレームやカーボンフレームでは補強のないものがほとんどだが、やはり繰り返し仕様によってネジ穴から亀裂が生じることもあるそうで、このように補強しているとのこと。補強金具は専用のものではなく、松永さんが使えそうなものを見つけてきて、チューブの曲面にあわせて自分でアールを付けてから接着されるそうだ。
a0317100_22474047.png


 カーボンと金属のコントラストが美しく、また凄みを感じさせる。このまま塗装なしのがすごく面白いと思い、錆びさえなければそうしたいなどと、松永さんに話したら、そのように言われるお客さんも多いとのこと。中には、どうしてもと言って、クリアだけかけた方もおられたそうだが、やはり半年くらいで金属部が錆びてきて結局塗装し直しになってしまったそうだ。金属部をステンレスにすれば錆びの問題は解決するが、自転車フレーム用の物性としては今の材料(ニッケルクロムモリブデン鋼)に勝るものではない。この裸の質感を生かした良い塗装がないか、松永さんも塗装屋さんに聞いたりもされているそうだが、今のところ、これといった名案はない模様だ。もちろん塗装も素材の保護という点から大事なのだろうが、この裸の凄みがなくなるのはちょっと勿体ない。80 ton と 40 ton のカーボンチューブ、カーボンシートステー、それぞれ表面の色味は違うのだが、磨き上げられたのを見ると全く違和感がなく、本当にこのままも良いなと感じた。
a0317100_22475122.png

a0317100_22474746.png

a0317100_22474598.png

a0317100_22475397.png

a0317100_225327100.png

a0317100_22532968.png



[PR]

by rk_tsukuba | 2013-11-30 22:57 | Project Mの発注から納車


<< サドルは新製品に変更      Coffee Break >>