つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 15日

塗装色とデザイン(その2)


 新しいバイクは、今の Rfx-8 とあまりかぶらないカラーリングを心がけたいと思っている。単純に自分の良いと思う色をあげていくと、結局、今のものと同じような色になってしまう。さすがにあまり色目の似たバイクを2台というのも芸がないので。

 現有のアンカー Rfx-8 は、フレーム色はカーボンクリアバイオレット。下のカーボン生地が透けて見える紫色である。フロントフォークは元はフレーム同色だったが、転倒破損して交換したので、カーボンクリア(黒)色。サドルも黒色。バーテープは白で、ケーブルは白と黄色のミックス。これはホイールの Mavic の差し色に合わせたのだが、思ったほどぴったりとはいかなかった。

 Rfx-8 オーバーホール時には、ケーブルは普通のグレイに戻すつもりである。バーテープもあまり目立たないグレイが良いかもしれない。

 新しいバイクは、シートチューブ部分を延長シートポストとの一体性がわかるように同色とし、その他の部分を別の色にすることを考えている。白黒を基本とするか、やはり色を盛り込むべきか、もう少し検討したい。モノトーンに近い形でまとめるなら、ケーブルは黒で、サドルとバーテープは白あるいは黒か。まあ、サドルは白と黒のどちらかしかないわけだが。

[PR]

by rk_tsukuba | 2013-11-15 22:23 | Project Mの発注から納車


<< いよいよ設計      塗装色とデザイン(その1) >>