つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 30日

変速機不調


 フロント変速機は新品に交換してもらって、ちゃんと正常に動くようになった。ところが、なぜかリア変速機から耳慣れないシャラシャラ音が特定のギアでだけするようになってしまった。

 気にしすぎなのかも知れないが、やはり今までにない症状で気になるので、マツナガに持ち込んでかなり時間をかけて調べて貰ったところ、微妙にエンドが曲がっているとのこと。ほんの少しなので交換ではなく修整で対応できるということなので、修整して頂いたところ、無事に異音はなくなった。

 松永さんによると、多分今までもエンドの微妙な曲がりはあったのだろうが、歪んだ古いフロント変速機と併せてトータルとして収まっていたのが、フロント変速機が新品になったことで微妙な曲がりに起因する乱れが表面化したのではないか、ということであった。その場ではフムフムと頷いていたが、改めて考えるとフロント変速機は変速動作が終わった後はチェーンに触っていないので、エンドの曲がりとは関係ないような気もする。うーむ、よくわからない。まあ、結果として快調になったので良しとしよう。

 時間的には前後するが、フロント変速機交換の時、くれぐれも前後同時変速動作は止めるように釘を刺されてしまった。何か最近同様の操作をした人がいて、チェーンが暴れた結果フレームのカーボンを削ってしまうという私以上にシリアスな事例もあったようだ。最近そういう操作が流行っているのか、と首をかしげておられたが、私の場合には単にメカの性能を過信して操作をしてしまっただけに尽きる。昔はトルクをかけながらの変速は決してしなかったが、近年は結構普通にできるようになっているし、その延長線上でメカを過信してしまっていた。

[PR]

by rk_tsukuba | 2013-09-30 00:14 | アンカー Rfx-8


<< エンドの歪みがなぜ発覚したか      フレームはスローピングで >>