つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 04日

ガーミンEdge 1030J(2)

 ガーミンのセットはプロジェクトMに設置したが、アンカーRfx-8にもGPSサイコンが付くと良いなあ、と思って少し工夫してみた。アンカーRfx-8には、TOPEAKのPanobikeセンサーを付けて、それをスマホで受けることでGPSサイコンとしていたが、落下が怖くてハンドルに設置することはせずに、ほぼローラー台での運用だけであった。

 ガーミンEdge 1030JはANT+の他にbluetoothにも対応しているはずなので、bluetoothデバイスであるPanobikeセンサーが使えないかと思って試してみた。やってみると、認識してペアリングもできたので、やった、と思ったが、いくらクランクを回してもホイールを回しても読み出し値は0のままである。何回か試したが駄目だったので、残念ながら、この組み合わせは機能しないようだ。

 bluetooth は低消費電力で魅力的なのだが、versionや規格がいろいろあって、その組み合わせでうまくいかないことが相当あると聞く。今回、規格など何も調べずやってみたが、多分、そのあたりが問題で互換性が取れない組み合わせであったのだろう。残念だが仕方ない。アンカーRfx-8は、GPSは諦めて、今までプロジェクトMにつけていた最もシンプルな速度計だけのキャットアイのものを移植して、それだけで過ごすことにしよう。
[PR]

# by rk_tsukuba | 2017-12-04 00:03 | ローラー台、サイコン
2017年 12月 03日

ガーミンEdge 1030J(1)

 今回、今まで使っていたGPSが故障で使えなくなっていたのもあり、また、Di2のギア位置表示をさせたいというのもあり、金額は張るがガーミンEdge 1030Jを導入した。ところがこれが予想以上に高機能すぎて、全然使いこなせない。というか、製品開発のポリシーが私の思っていた使用目的と微妙にずれているので戸惑った点が大きい。

 今まで使っていたユピテルのGPSは単機能のもので、今いる場所の表示、ルートラボなどで作成して本体に転送したルートの表示、目的地への直線方向と直線距離の表示、というものであり、機能的にはそれで十分であった。もちろん、時刻や経過時間距離、速度などは表示されるし、センサーを組み合わせればケイデンスなども可能。

 一方、ガーミンの方は、トレーニングを第一目的にしており、そのためのメニューが豊富である。しかし、チンタラへたれライダーの私は、トレーニングする気など全くなく、ただ、無理なく楽しくライドできればそれでよい。だったらサイコンもGPSも要らないだろうと言われそうだが、適当に走って遠出した時に、現在地と自宅までの方向と距離が分かるのは大変有り難い。また、自分の走ったルートは特に初めての場所は分からなくなるので、それがログで残って後で確認できるのも有り難い。スピード計はまあ、参考程度である。あまりにも遅くなるともう少し頑張って走らないと、と気がつくとか、その程度である。それよりも走行距離(と総走行距離)の記録を取るのに速度計が付いてくる。パーツのメンテナンスや交換の目安にするのに、走行距離を参考にしている。

 あと、時刻と走行時間もやはり知りたい。というわけで、チンタラライドでも、GPS付きのサイコンはなくてはならないものとなっている。ケイデンスは、まあこれも参考程度で、あればあるで有り難くはある。一方、ガーミンEdge 1030Jで表示される、高度、斜度、気温、などは、ほとんど関係ない。また、フィットネス関係のプログラムは多分全く使わないだろう。

 ただ、シマノDi2との連携はガーミンができると聞いていたので、それを導入したわけだが、フィットネス関係は自分には無用のものだねえ、と松永さんに話していたら、最近、別メーカーでその部分の機能を省略して低価格化した商品が出てきた、との話を聞いた。ブライトンというメーカーのもので、調べると確かに必要十分の機能を持つようであった。長所は、不要な機能がなく低価格、バッテリーの持ちが良い。短所は、ルートのみの表示で地図は表示されない、フォントのデザインが悪く見にくそう。松永さんも地図付きのGPSを個人的に買おうかと思っている、と話されていたが、さて、どうされるのだろうか。
[PR]

# by rk_tsukuba | 2017-12-03 21:01 | ローラー台、サイコン
2017年 11月 27日

プロジェクトM電動シフト化(11)

 電動シフトの感想は先に述べたとおりだが、換装の終わったバイクを受け取って走りだしてすぐに思ったのは、これこれこの感じ、という自宅に帰った時のような安心感、気持ちの良さ。作業中に乗っていたアンカーRfx-8が悪いわけではないのだが、何か乗り味が薄い。プロジェクトMに乗ると、明らかに乗り味が違う。味があるというか、魂を感じるというか。

 乗り味の気持ちよさについては、換装まえよりもずっと良くなった。結局、作業としてはオーバーホールも兼ねているので、結局そういうことだろう。BBをセラミックベアリングにしたのは良くわからないが、ハンドル周りは確実に良くなった。明らかに今までよりも細かい振動をいなしてくれるようになった。ただ、ちょっと柔い感じがしなくもない。まあ、様子見かな。ただ、ハンドルとステムを一緒に変えたので、どちらの影響が大きいのかなどについては分からない。

[PR]

# by rk_tsukuba | 2017-11-27 00:01 | Project M電動シフト
2017年 11月 26日

プロジェクトM電動シフト化(10)

 さて、実際に乗ってみてどうかである。実は、乗り出してすぐ、リアでトップ側への変速はできるがロー側への変速ができなく、相当焦った。スイッチが壊れたのかと思ったが、停まってよく見てみたら、ロー側への変速スイッチはブレーキレバーとは独立していて、それを押していなかった。

 今まで機械式のSTIでは、トップ側への変速はブレーキレバー手前の小さいレバーを内側に倒すことで、ロー側への変速ではブレーキレバーそのものを内側に倒すことで、それぞれ行っていた。電動シフトも同じだと思って、一生懸命ブレーキレバーを押して何も起こらず焦っていた。

 電動のSTIはブレーキレバー部が3つに分かれていて、一番手前の小さいレバーの動作は今までと同じトップ側への変速。それと一番大きい本来の(?)ブレーキレバーとの間に独立した部分があって、それがロー側への変速スイッチになっている。季節柄フルフィンガーの手袋をしていたので、指の感触が曖昧で余計に混乱してしまった。店頭では松永さんに変速の実演をして貰っていたのだが、舞い上がってちゃんと見ていなかったみたいだ。

 慣れるまではシンクロシフトの使用はしばらく待って、通常モードでどのような感じかを把握しつつ、慣れてきたら新機能を試すようしていきたい。で、通常モードでの電動変速についての感想は、楽で確実、これに尽きる。自転車の良いところは、電気など他の動力に頼らず、全て自力でできるところ、という考えからすると、邪道なのだろうが、レースなどで電動シフトになるのは全くそうだろうなあ、と今更ながら改めて思った。フロント変速についてはトリムを自動的にしてくれるのがやはり大変有り難い。また、フロント、リアの変速とも、スイッチを押すだけで設定された位置に移動するわけで、それを体験して始めて今までは案外と細かく変速機の移動量や速度、タイミングなどを時分で(無意識に)考えてやっていたのだなあ、と思った。

 さて、シマノ純正でない私のギア(フロント46-34、リア32-28-25-23-21-19-17-15-14-13-12)であるが、問題なく変速操作は行えた。ただ制限が1つあって、フロント34の時、リアのトップ側2つには入れることができない。リアは、組み替えた変則スプロケットという事を知っていると、確かに少し動作が引っかかるのに気がつくかも知れないが、知らなければこんなもんと思ってしまう程度に違和感が低減された。なので、当分このままで様子を見ることにしよう。

 STIの形状はブレーキブロックの部分が随分スリムになった。手の小さい人には朗報かも知れない。私自身は手の大きい方と思うが、小さくて握りにくいとかは感じなかった。それよりも良かったのは、親指のかかるところの出っ張りが無くなったことである。実は9000デュラエースのSTIはこっそりとマイナーチェンジしていて、初代ST-9000は、親指がかかるところが出っ張っている。マイナーチェンジ後のST-9001では、その部分が切り欠いたように凹んで、引っかかりが無くなるようになっている。私のは残念ながら初代だったので、結構邪魔に思っていた。それが無くなったのは、実に快適である。

 あと、細かいところでは、リア変速機のデザインが変わって、プーリーに手が届きにくくなって掃除がしにくくなった。最大スプロケット歯数が大きくなったのに伴ってだろうが、ケージ自体は少し長くなっている。また、ビッグプーリーが入れやすそうな感じもした。フロント変速機はメカが全部モーターに置き換わり一式箱に収まったので、こちらは掃除しやすい。

[PR]

# by rk_tsukuba | 2017-11-26 22:50 | Project M電動シフト
2017年 11月 25日

プロジェクトM電動シフト化(9)

 改造が完成したとの連絡を頂き、ドキドキしながら取りに向かった。

 当たり前だが、見てくれは余り変わらない。クランクがシルバーとブラックのツートンカラーから黒一色になったのが最も大きい変化だろうか。細かく見ると、変速機、ブレーキ、ハンドルバー、など変わっているわけだが、バーテープの色も変更なしだし、ハンドルが変わったことなど他人には分からないだろう。もちろんセラミックBBへの換装など分かるわけもない。

 結局、フレームで追加工となったのは、以下の通り。ダウンチューブ上部のシフトケーブル受けを両方とも削り落とし、右側には穴を開けてそこに変速電気ケーブルの入り口とする。左側はフタをしてタッチアップペンで上塗りをし、遠目には分かりにくい。シートチューブ下部のリアタイヤ側に新しく穴を開け、これはフロント変速機用の電動ケーブルの出口。右チェーンステーのリア変速機用のケーブル受けを削り落とし、そこに穴を開けてリア変速機用の電動ケーブルの出口。

 ジャンクションAがステム下で剥き出しで、ハンドル内蔵にできなかったのは残念だが、それなりにすっきり収まった。変速ケーブルが露出してないというのは変な気がするが、剥き出しのダウンチューブというのは掃除がしやすくすっきりしている。 体重計で計ってみたら、7.1 Kg だった。最初の納車時には7.4 kg だったので、少し軽くなっているが、それはほとんどホイール交換(Mavic R-SYSからBoraOne チューブラーへ)によるものだろう。電動化でも気持ちくらいは軽くなっているとは思うが。

 さて、電動シフト(シンクロシフト)のセッティングとか、ガーミンとの連携とか、全然勉強してないので、これから悩みつつ少しづつモノにしていこう。

[PR]

# by rk_tsukuba | 2017-11-25 23:32 | Project M電動シフト
2017年 11月 19日

アンカーRfx-8への9000デュラエースの移植(3)

 ショップへは、プロジェクトMとアンカーRfx-8と両方同時に持ち込んで、最初にアンカーへのコンポの載せ替え作業が終了した。作業時に気の付かれたこととして、フロント変速機のブレードが少し膨らんでいたので修整をした、とのこと。どうも私は、フロント変速が下手、というか、フロントとリアの同時変速タイミングの取り方が悪いのだろう。プロジェクトMもアンカーRfx-8もフロント変速機のブレードを曲げて交換している。今度のプロジェクトMに載せる電動変速機ではモーターがドライブするので、多分そのような無理はしないだろう(と思いたい)。

 さて、コンポとハンドルの載せ替えのすんだアンカーRfx-8を持った瞬間、おお軽い。そら、それまでシマノR-500のてっちんホイールを履いていて、それがMavic R-SYSに変わるだけでも相当軽くなる。さらにコンポとハンドルでも軽くなっている。体重計で計ってみたら、ボトルケージやテールライトなどが付いた状態で、7.2 Kg だった。カタログデータが8.4 Kg で、その後、ホイール、シートピラー、サドルを変更した後が 7.9 Kg、そして今回のコンポを載せ替えで7.2 Kg。もちろん最軽量ではないが、いい感じ。

 今後、プロジェクトMとの乗り比べも楽しみだ。

[PR]

# by rk_tsukuba | 2017-11-19 00:01 | アンカー Rfx-8
2017年 11月 18日

アンカーRfx-8への9000デュラエースの移植(2)

 サドルについては、正直、まだ最適解にはたどり着いていない気がする。アンカーRfx-8に最初から付いてきたサドルは、比較的短距離短時間でお尻が痛くなったので、早々にフィジークのアリオネのトライアスロンモデルに変えた。相当改善されたが、長時間のライドでは前立腺のあたりが痛くなったので、プロジェクトM用には穴あきサドルの中からアスチュート Skyline VT を選んだ。これは結構あたりで、アンカーの載せ替え用サドルの第1候補にしていた。

 私の乗り方はどうもいろいろ問題があるみたいで、アリオネは金属レールだったにも関わらず、ライド中にサドルレールがポッキリと折れてしまった。また、アスチュートのサドルはプロジェクトMで2年乗ったら、左右不均一に変形してしまった。あと、これは仕方ないところなのだが、久しぶりに自転車ライドを再開してすぐは、サドルにどっかりとまたがってハンドル荷重をかけられていなかったせいでか、あっという間にお尻が痛くなっていた。

 で、アンカー用のサドルである。アリオネのサドルレールを折った後、元の出荷時のサドルを付けている。短距離ならこれでも問題ない。ただ、このサドルが合っていないことはわかっているので、同じアスチュートは芸がないし、アリオネのミゾ付きモデルかなあ、と思っていたら、松永さんからアリオネシリーズで面白い商品があるのでどうかと勧められた。

 それが、今回購入することになったArione R3 versus evoである。薄いプラスチックベースの上に、左右分離したパッドが乗っているという構造で、衝撃はベースがしなることで吸収するそうだ。コンセプトとしてはアスチュートと似ている気がする。実際手に取ると、ベース部は結構しなる。一方、パッド部はそれほど厚みはなく、ちょっと不安。見た目がちょっと面白いのと、実際に乗ってみないとわからないので、思い切ってこれを試すことにした。さあ、どうだろうか。

[PR]

# by rk_tsukuba | 2017-11-18 23:50 | アンカー Rfx-8
2017年 11月 17日

アンカーRfx-8への9000デュラエースの移植(1)

 プロジェクトMの前まではメインバイクだったアンカーRfx-8。購入してからもう7-8年になるので、とっくに廃盤となっている。後継機種はRL-8になるかと思われる。いずれにせよまだまだ走るバイクなのに、プロジェクトMがメインバイクとなった後は、不遇な状況である。しばらくは通勤用として活用していたが、最近は自転車通勤する状況になく、ローラー台マシンと化していた。

 あまりに不憫なので、何とか外に連れ出したいという思いもあって、今回プロジェクトMから取り外す9000デュラエースのコンポを移植して、再生を図りたいと考えた。現在のRfx-8のコンポは10速の5700105で、ホイールも10速のシマノWH-R500を履いている。そのあたりも含めて何とかしたい。

 具体的には、9000デュラエースのコンポを移植する。ホイールについては、これまた現在お休み状態のMavic R-SYSを復活させる。サドルはアンカー純正のお尻に合っていないものしかないので、これは新規購入する。そうすると、相当良いものができあがる。

 というわけで、アンカーRfx-8については、コンポの移植組み替えを松永さんに依頼し、サドルだけお尻に合いそうなものを新規に購入するようにした。

[PR]

# by rk_tsukuba | 2017-11-17 23:03 | アンカー Rfx-8
2017年 11月 15日

プロジェクトM電動シフト化(8)

 今回、当初は変える予定がなかったのに変えたものとして、BBの他にステムがある。ショップで藤下さんと話している中で、カーボンハンドルと言ってもどれも固くて振動吸収性についてはアルミのとそう変わらない。それよりもステムの方が変化が大きい、という話を聞いた。実際に、カーボンハンドルに変えて、重量は圧倒的に軽くなったが、振動吸収についてはそれほどとは思わなかったので、これはうなずける話であった。プロジェクトM購入時にいろいろカーボンハンドルを探した時に、GDRのものだけは少したわむ感じがしたので、これについては違うかも知れない。それは結局頼りない感じがしたので、その時は選択肢から外したのだが。他のものはどれも、本当に軽いのとカチカチなのが印象に残っている。

 その時に藤下さんが絶賛推薦してたのが、リッチーのWCSステム。そこでついその気になって、それを入れることにしてしまった。今の3Tのステムも結構良いもののはずなので、果たしてどれくらい違いがあるかどうかは?である。松永さんに差があるかなどうかな、と聞いても微妙に黙して語らなかったので、まああまり変わらないのかもしれない。

[PR]

# by rk_tsukuba | 2017-11-15 23:45 | Project M電動シフト
2017年 11月 14日

プロジェクトM電動シフト化(7)

 ハンドルについては、電動シフトケーブルの内蔵ができなくなった段階で、変える必然性はなくなっていた。けれども、やはりカーボンハンドルを発注することにしたのは、その場の勢いという面も否定できないが、一応考えもあってのことである。

 一つはアンカーRfx-8に世代遅れとは言え全然問題のない現役の9000デュラエースを移植するので、ハンドルも軽量カーボンハンドルにしたかった、という点。もう一つは、いろいろハンドルを調べる中で、今までのイーストンEC90 SLX3のハンドル幅が、ブレーキブロック間では 400 mm ではなく 380 mm しかなかったこと。これについてはこれまで大きな問題もなく使用していて、言われてみれば少し窮屈な感じがあったかも、というレベルなので、自分の鈍感さにあきれるやら気持ちだけの問題でそんなにシリアスでないと思いつつ、やはり気がついてしまうと気持ち悪いので何とかしたい。

 で、カタログデータでは芯芯で400 mm のフィジーク Cyrano R1の実物を見て、その実測値および形状をイーストンEC90 SLX3と比較し、どちらのハンドルをどちらのバイクに乗せるかを考えよう、という計画になった。

 実際にショップに届いたハンドルや手持ちのものを書き出すと、(かっこ内は、幅(芯―芯)、ブレーキブロック幅(芯―芯)、リーチ、ドロップ、重量。重量はカタログデータ。)
・イーストン EC90 SLX3(400 mm, 380 mm, 75 mm, 130 mm, 199 g)
・フィジーク Cyrano R1 カメレオン400(400 mm, 400 mm, 80 mm, 130 mm, 203 g)
・アンカー 日東アルミ(400 mm, 400 mm, 78 mm, 128 mm, ? g)
・ジャイアント アルミ(420 mm, 420 mm, ? mm かなり浅い, ? g)

 ドロップの形状はジャイアント以外は、どれもほぼ同じで私好みであった。で、結論としては、一番乗る時間が長いであろうプロジェクトMにフィジークの新しいものを付けることにし、アンカーRfx-8には今までのアルミハンドルに替えてイーストンのものを付けることにした。

[PR]

# by rk_tsukuba | 2017-11-14 00:51 | Project M電動シフト