つくばのプロジェクトM

tsukubapm.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 10日

デュラエースR9100(2)

 さて、油圧ディスクブレーキ以外で、ホビーユーザーに何かメリットがあるポイントがR9100にあるだろうか。個人的にはないように思える。だとすると、今回のシマノの発表を完全にスルーするかというと、実はそうではなかったりする。密かに?着目しているのはR9100ではなくR9150の方である。つまり電動変速システムの方。

 MTBのコンポーネントが11速化電動化した時に、それ自体には大きな驚きはなかったが、同時に導入されたシンクロシフトというシステムには衝撃を受けた。前後ギアの変速をプリセット通りに自動で行うというもので、今回、R9150でもそれが導入される。

 ただ電動デュラエースとなると40万円位するので、これを導入するにはかなりの思い切りが必要だ。フレームの方も改造が必要だし、何だかんだで50万円くらいかかるかも。価格的には、次期アルテグラのリリースを待つべきだろう。ただ、R9150のデリバリーは今年ではなく来年の2017年との発表なので、電動アルテグラほその一年後の2018年ということになる。今から一年半か二年後かあ。それが待てるか待てないか。
[PR]

# by rk_tsukuba | 2016-09-10 22:02
2016年 08月 28日

デュラエースR9100(1)

 予想通り、次期デュラエースが発表になった。変速段数が11段据え置きは予期したとおりだったが、目玉の一つのパワーメーター内蔵は、へたれライダーの私には余り関係ない。しかしながら、それだけ競技の現場ではパワーメーターによるデータ取得と解析が重要なのだろう。それにしても、パワーメーターの表示部やソフトの発表がないのは大丈夫なのだろうか。どうも、シマノはそちら系が余り得意でないようで、少し前のサイコンのフライトデッキも、二転三転した後、結局まともなリリースはあったのかなかったのか。今回は、表示部等はガーミンなどに丸投げするのだろうか。

 もう一つの目玉は、油圧ディスクブレーキだろう。ただこちらはUCIでの承認が遅れているようで、どうなるかちょっと見通しが立たない。パワーメーターはともかく、油圧ディスクブレーキの導入は、ハイアマチュア以外の一般マーケットでも今後のトレンドを大きく左右する可能性があると思う。それは同時に、ブレーキ位置変更によるフレームおよびフォークの強度設計の見直しと、ホイール固定がクイックからスルーアクスルに変わること、さらにはホイールのリムにブレーキシューの接触を考慮しなくて良くなることによるホイール設計の見直し、など影響は多岐にわたる。

 特に最後のホイール設計の見直しについては、設計の自由度が大きくなり、リム強度のブレーキシステムへの寄与を考えなくて良くなるのでメリットは大きいだろう。一方、ブレーキローターとハブの固定については強度が必要でありその部分重量は多少増加するかも知れない。それでもトータルとしては、メリットの方が大きいと思われる。

 デメリットは、コスト面で大きい。油圧ディスクブレーキの導入=コンポの入れ替えだけでなく、フレームの更新およびホイールの変更も必要で、つまりは、ほぼ全交換(新品購入)せねばならないということだ。業界としては、新しい機材が売れる方向なので、有り難いのだろうなあ。さて、ホビーストはどこまでその流れについて行けるだろうか。

 競技に取り組んでいるハイアマチュアはパワーメーターを導入している人は多いようだし、そういう人々にはシマノ純正のパワーメーターの発表は朗報だろう。油圧ディスクブレーキもUCIで認可されれば、レース現場を中心に普及するだろう。しかし、双方ともヘタレホビーユーザーたる私には、あまり魅力を感じられない。これから新車を購入する層には、油圧ディスクブレーキは一定のアピール性があるとは思うが。
[PR]

# by rk_tsukuba | 2016-08-28 23:09
2016年 08月 27日

クロスバイクのタイヤの傷

 パンクしていて、しばらく放置していたクロスバイクを乗れるようにしようとメンテした。まず、チューブ交換。あと、Vブレーキが片効きになっていたので、ブレーキワイヤーと躍動部に注油して調整してこれはOK。チェーンもギアもプーリーも汚れがこびりついていたので、これも清掃。フレーム自体も掃除して完成。

 その後、1週間程してから乗ろうとしたら、パンクこそしてないものの、チューブを交換したばかりの後輪タイヤがザックリといってしまっていた。これではとても怖くて乗れない。さて、後輪タイヤは購入から今のが2本目で、これを買い換えるかどうか。前輪タイヤは購入後無交換で、さすがにヒビが入り始めている。チェーンの掃除はしたものの、伸びてるような気がする(というか、間違いなく伸びているだろう)。

 バイク自体、購入後もう8年にもなる。このあたりで、このクロスバイク(スペシャライズド シラス)ともお別れのタイミングかなあ。このバイクがきっかけで自転車趣味の再開になったので名残は惜しいが、イマイチフィットしてないし、何よりフレームからフォークまでガチガチのアルミなので、かなり振動がしんどい。
a0317100_16204916.png

[PR]

# by rk_tsukuba | 2016-08-27 16:21
2016年 05月 05日

ホイールバッグじゃありません

 いろいろと時間が取れず、せっかくの連休だというのに全然自転車に乗れていません。そんな中、ホームセンターで買い物を探していると、ふと気になる物体が目に入って、何かと思って見直したらホイールバッグが! 何でこんな所にホイールバッグがあるのかと思って、近づいてよく見たら、蚊帳の収納袋だった。けど、これはどう見てもホイールバッグにしか見えない。
a0317100_22443999.png

[PR]

# by rk_tsukuba | 2016-05-05 22:45
2016年 04月 23日

リンリンロードの八重桜

 もうサクラは終わったなあ、と思いつつ、リンリンロードを走っていると、見事な八重桜が咲き誇っているのに気がついた。さんざん走った場所ではあるのだが、今までこんなに見事に八重桜が咲いているとは知らなかった。

 季節と場所によって、さまざまな表情を見せるので、近隣のライドとはいえ侮れないなあと思った。予想外に、美しく咲く八重桜を堪能できてラッキーであった。
a0317100_2311876.png


[PR]

# by rk_tsukuba | 2016-04-23 23:01 | Project Mに乗って
2016年 04月 09日

花見ライド

 バタバタしている内に、サクラの盛りは過ぎてしまった。もう、見れないかなと覚悟して、サクラの花を見るコースを走ってきたが、思いの外、まだまだ咲いていて、十分に堪能した。時間がないので、朝2時間半ほどのライドである。

 満開は過ぎていたが、まさに散り始めの木も多く、ちょっと強い風にあおられて花びらが舞い散り、それは本当に良かった。いきものがかりの曲が頭の中でリフレインしていた。
 さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 揺れる♪

 5月並みの暖かさと言うことで、ライドスタイルもタイツは止めにしてスパッツ、上は長袖アンダーに夏用半袖ジャージ、で汗ばむくらいであった。けど、これだけ気温が高いと、あっという間に桜の花も散ってしまうだろう。
a0317100_2149561.png



[PR]

# by rk_tsukuba | 2016-04-09 21:49 | Project Mに乗って
2016年 03月 28日

久しぶりにアンカーRfx-8でのライド


 すっかり通勤用バイクとなった(最近、バタバタしていてほぼ自動車通勤で自転車通勤すらできていないが)アンカーRfx-8であるが、前述のように、メインバイクのプロジェクトMのタイヤ交換に手間取り、そちらでは走れない期間が長かったので、週末に一回、アンカーRfx-8でライドに出かけた。

 一時はホイールをはじめとしていろいろパーツ変更をしたが、今はほとんどノーマルである。久しぶりに乗った感じは、以前と変わらず、
・重い感じ
・安定性がありすぎクイックな操作性がない
・振動がきつい。なのでちょっと距離が長めになると疲れる
・登り坂なるとでは比較にならないほど後ろに引っ張られる。まさに鉄下駄。
・風にあおられやすい
とにかく、ボーラワンを履いたプロジェクトMが、いかさまのように楽で軽い感じのするバイクかというのを再認識した。まあ、それでも数十キロくらいのライドでは致命的ではない。

 そんなことを感じながら、近所を走っていた。梅は終わり桜にはまだ早いが、桃(と思われる)花が満開できれいであった。まだ寒い日が続くが、春は確実にそこまで来ている。
a0317100_22343711.png



[PR]

# by rk_tsukuba | 2016-03-28 00:04 | アンカー Rfx-8
2016年 03月 27日

チューブラータイヤ交換に大苦労

 チューブラータイヤ・ホイールシステムに変えてから 3000 km 以上走行し、後輪はとうに替えるタイミングである。後輪に関して言えば、1000 km 走ったところでヤスリ目は完全になくなり台形化が見られた。その後ひやひやしながら3000 km 走ったが、さすがにもう替えねばならないだろう。前輪は、やっとヤスリ目が消えたくらい。後輪の1000 km 時よりも減ってない感じなので、単純計算なら後輪の3倍、9000 km くらいまで走れることになる。実際はそこまでいかないと思うが。

 延ばし延ばしにしていたが、先日思い切って、まず古いタイヤをホイールから外した。両面テープの接着力が強く、なかなか外れず、結局タイヤを裂いて外した。リム内側に両面テープが残ったのでそれを剝がしたのだが、それでもかなりの部分がリムに残って、これが取れない。ある程度までは取ったが、指の腹も爪との隙間も痛くてどうしようもない。それでもまだ取り切れない。

 これはリムーバーが必要かと思いショップに買いに行くと、ちょうど藤下さんがいて「熱いくらいにドライヤーで暖めると取れる」とのこと。そこで、家に帰ってトライするが、確かに多少取りやすくはなるが、指が死ぬのは同じだし、なかなかセンター部の溝に残ったのまではきれいに取れない。

 この試行錯誤を1週間以上続けて、ほとほと嫌になった。いくら乗り心地は良くても、もうチューブラータイヤは諦めようか、このホイールも封印して、カーボンクリンチャーを買い直そうか、と真剣に思うくらい嫌になった。

 少しテープの剝がし残しがある状態で、もういいやと思って、新しいタイヤ(コンチネンタル、Competition、25 mm)を嵌めようとするが、これがまたにっちもさっちもいかない。これ以上力を入れるとホイールが壊れそうで、そこまでしても全然入る気配がない。コンチネンタルのチューブラータイヤはきつめという話は聞いたことがあるので、もうこれは駄目だと思って、松永さんに嵌めるのを依頼することにする。

 そうすると、あっという間に嵌めてしまった。見ていると、思いっきり力(体重)をかけて、タイヤを嵌めている。彼いわく、この程度は全然嵌めにくいレベルではなく嵌めやすいくらい。これが経験の差というものか。ここまで時間と労力が必要なら、タイヤの付け外しを全部ショップに任せる方がいい気がする。私は自転車に乗って走りたくはあるが、ここまで苦労はしたくない。タイヤを替えるたびに、1週間以上毎晩指が水ぶくれになる寸前まで痛い思いをせねばならないのは、願い下げである。はっきり言ってやりたくない。ショップ任せにするというのは、お金はかかるけど、それを避ける一つの方法ではある。ただ、そうすると出先でパンクした時に自分で交換するスキルが身につかない。やっぱり自分でできるようにならないといけない。

 それにしても、リムから両面テープの糊を除去するのには、ほとほと嫌気が差した。この点だけで、真剣に、チューブラータイヤを使うのを止めるか、ちょっと考えたくなった。
[PR]

# by rk_tsukuba | 2016-03-27 23:53 | タイヤ
2016年 03月 20日

オーバーホール後の調子は快調


 オーバーホール直後、右小変速レバー(リア変速機のトップ側への移動)がたまに空打ちすることがあったので、松永さんに見てもらっていた。「問題はないように見えるが、レバーのネジがゆるめだったのを少し強めに締めておきました」ということであった。その後は全く問題がなく、やはり微妙なゆるみが原因であったようだ。

 このところ、全然乗れておらず、今日も短時間乗っただけだが、チェーンが新品になって、オーバーホールされると、ずいぶんいい感じになる。ただ、交換するつもりのリアのタイヤは時間がなくまだそのままで、これは早く替えねばならない。うっかりしてパンク、という事態にはならないように。

 久しぶりに小貝川の堤防を走ると、土手はもう菜の花が満開である。群生しているところでは匂いもきつく、菜の花花粉症にでもなりそうである。うっかりしている内に梅は見過ごしたが、桜はまだまだで、来週か再来週くらいが見頃であろうか。小貝川右岸を下流から上流に向けて単独で走っていたら、ちょうど反対方向に走るSRMとおぼしき人達とすれ違った。多分そうだろうと思うが、時速25 km/h づつですれ違っても、相対速度は50 km/h あり、道が狭くすれ違う時の距離が近いこともあって、知り合いでもなかなか確実に認識することは困難である。まあ、私の動体視力が落ちてきているだけかもしれないが。

a0317100_23145386.png

[PR]

# by rk_tsukuba | 2016-03-20 23:15 | Project Mに乗って
2016年 03月 12日

オーバーホール


 約1年ぶりのオーバーホールである。内容は、
ヘッドグリスアップ
BB交換
ブレーキケーブル内外交換
シフトケーブル内外交換
バーテープ交換
チェーン交換
サドル交換
 である。

 サドルは、以前からかなりへたってきたところに、先日の落車で破れてしまったのでこれを機に新品に替えた。もっとも色を変えただけで同じモデル(ASUTUTE Skyline VT)である。

 バーテープも結局使い慣れたバイクリボンのスプーナに戻し、これも色は白。ケーブルアウターは黒からシルバーに変更したが、これは余り変化がなかった。これも白にしても良かったかもしれない。しかし、バーテープとサドルを白に変更すると、全体の印象はずいぶん変わった。ただ、あっという間に汚れるのだろうなあ。

a0317100_21204158.png

[PR]

# by rk_tsukuba | 2016-03-12 21:22 | Project Mに乗って